ちょっとニッチなおすすめマンガやアイテムを紹介!

【月館の殺人/綾辻行人:佐々木倫子】有名作家と漫画家が描く傑作ミステリー!

おすすめマンガ

今回紹介する作品は、

「月館の殺人(つきだてのさつじん)」

というミステリー漫画。

 

日本を代表するミステリー作家

「綾辻行人」先生が原作を担当。

 

少女誌・青年誌で活躍される

「佐々木倫子」先生が作画を担当。

 

正直、このお二人の作品というだけで

「ハズレではない漫画」だと判りますね。

 

小説にはない「絵」という

漫画の特性を活かしたヒントも

随所に盛り込まれています。

 

それらも探しながら

犯人捜しを楽しんでください。

 

月館の殺人の作品データ

【作品概要】

有名作家と有名漫画家がタッグを組んだ

ミステリー漫画。

 

鉄道を題材にしていますが、

時刻表トリックのような

マニアックなミステリー作品ではありません。

 

イイ意味で、

「漫画としてのミステリー」を描いた良作です。

 

【作品データ】

作品名月館の殺人(つきだてのさつじん)
作者作:綾辻行人、画:佐々木倫子
連載誌月刊IKKI(小学館)
連載期間2004年(平成16年)~2006年(平成18年)
単行本全2巻
電子書籍あり

 

月館の殺人のおすすめポイント(ストーリー&トリック)

それでは、本作「月館の殺人」のストーリーを

ネタバレなしで紹介します。

 

【ストーリー①】

沖縄に住む18歳の女子高生

雁ヶ谷 空海(かりがや そらみ)は、

幼い頃に父親を亡くし、

母親と二人で暮らしていました。

 

しかし、唯一の肉親であった母親も

2ヶ月前に他界…。

現在は一人で暮らしています。

 

高校卒業を控えた空海は、

自分の将来も定まらぬまま、

一人不安な毎日を過ごしているのでした。

 

本作の主人公は、沖縄に住むJK・空海ちゃん。

作中ではハッキリと描かれていませんが、

ちょっと天然でおっとりした性格だと思われます。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

「親御さんに大事に育てられたんだろうなぁ」

と見受けられる、そんな感じの女の子ですね。

 

沖縄で生まれ育った彼女は、

今まで一度も電車に乗ったことがありません。

 

この設定は、とても重要な意味を持ちます。

 

ま、殺人事件とは直接関係してきませんけど、

この設定は覚えておいてください。

 

【ストーリー②】

そんなある日。

空海ちゃんの元へ弁護士がやってきます。

 

中在家(なかざいけ)と名乗るその弁護士は、

北海道に住む空海の「母方の祖父」の依頼で

やってきたのでした。

 

母親から、

祖父・祖母はじめ親戚は全員亡くなっている

と聞いていた空海は驚いて、

その旨を弁護士に伝えます。

 

しかし、お母さんとお祖父ちゃんの間には、

深い「親子の溝」があったと聞かされ、

これまた驚く空海ちゃん。

 

そのため空海の母親は、

祖父の存在を隠していたのだと…。

 

弁護士が訪れた目的は、

財産相続の件で祖父が空海に会いたがっている、

ということを伝えるためでした。

 

いきなり財産相続と言われてもピンと来ない空海。

でも今となっては、たった一人の肉親である祖父。

 

その人に会ってみたいという気持ちは強く、

北海道へ行くことを決心します。

 

クリスマスが近づくころ、空海は北海道へ向かい、

物語の舞台は雪深い北国へ移るのでした。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

【ストーリー③】

新千歳空港へ降り立った空海は、

寒さと降り積もる雪に圧倒されながら、

中在家の運転で「稚瀬布(ちせっぷ)」

という駅へ向かいます。

 

そこで20時40分発の寝台特急

幻夜(げんや)に乗り、

お祖父さんの待つ「月館(つきだて)」へ

向かうことになっているのでした。

(到着時間は明朝7時)

 

ところが駅へ向かっている途中、

中在家の車が雪に突っ込んでしまい

身動きが取れなくなってしまいます。

 

そこへタイミングよく現れた

「日置健太郎(ひおき けんたろう)」

というイケメン。

 

彼の車に同乗させてもらい、

稚瀬布へ急ぐ空海ちゃん。

 

実は、この日置健太郎なるイケメンも、

寝台特急・幻夜の乗客だったのです。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

駅に着いた空海は、

初めて乗る電車にドキドキしながら

改札をくぐります。

 

すると、そこには…。

オリエント急行さながらの、

豪華な寝台列車が停車していました。

 

「これが、生まれて初めて乗る電車…。」

「これに乗って行けば、お祖父さまに会える。」

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

【ストーリー④】

そんなことを考えながら

幻夜に乗り込んだ空海でしたが、

列車内に足を踏み入れた途端、

その豪華さと美しさに見惚れてしまいます。

 

見るもの全てが珍しく美しいものばかり。

キョロキョロしながら歩いていると…。

 

ブツブツ言いながらメモを取る

怪しい青年に出くわします。

 

次は時刻表を見ながら、ブツブツ呟く青年に。

 

そして、空海(女の子)を見て驚く

おじさん2人にも。

 

最後は、バーにある灰皿を失敬しようとする

小太りのメガネ男。

 

「なに…?この人たち…?」

 

寝台特急・幻夜の乗客は、

空海を含めて全部で7人でした。

(空海以外は全員男性)

 

何となく変な人たちだな、とは思いましたが、

初対面でズケズケ質問することもできず、

とりあえず食事の席に着く空海。

 

しかし、食事をしながら自己紹介をし、

バーへ移っておしゃべりをしているうちに、

彼女は気づいてしまったのです。

 

自分以外の6人は、

全員「テツ(鉄道マニア)」であると…。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

しかもその6人は、

みな空海の祖父に招待された客であること。

幻夜は祖父が借り切っているらしいこと。

 

そして、この6人の中から

空海の結婚相手を選ばなければならないこと、

にも気付くのでした。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

【ストーリー⑤】

その後しばらく、

テツたちの鉄道談義につきあわされた空海は、

疲れ果てて自分の部屋に戻ります。

 

でも、退屈なテツたちの話の中で、

興味を引かれたことが1つだけありました。

 

それは最近世間を騒がせている

「5件の連続殺人事件」。

 

彼らの話によると、

殺されたのは全員「テツ」。

 

現場には毎回犯人からのメッセージが

残されているのだとか。

 

しかし6人のうちに

事件の関係者がいるわけでもなく、

相も変わらぬ鉄道談義に辟易しながら

自室に戻って来たのでした。

 

今日はぐっすり寝ようと思ったものの、

なかなか寝付けない空海ちゃん。

 

母親が亡くなってから寝付きが悪くなった彼女は、

医師に処方してもらった睡眠薬を飲んで、

ようやく眠りにつきます。

 

子供の頃の出来事、

頭蓋骨の山、

誰かに追いかけられている自分、

今日あった出来事、

父親が亡くなった時のこと、

そしてドアを開ける青白い手など。

 

夢か現実か分からない感覚に襲われた空海は、

「ギャ~~!!」という悲鳴で、

現実世界に引き戻されます。

 

【ストーリー⑥】

時計を見ると午前4時31分。

 

悲鳴の元は、

1人のテツがどうでもイイようなことで

廊下で叫んでいる声でした。

 

理解できないテツの言動に

ボー然とする空海でしたが、

悲鳴を聞きつけて

他の乗客たちも部屋から出てきます。

 

そのうちの1人が「寒くて眠れない」

と言うので、辺りを見回してみると…。

 

ある部屋のドアから、

寒気が流れ込んでいるのが判りました。

 

その部屋を使っている乗客に文句を言おうと、

みんなでドアをノックします。

でも返事がありません。

 

仕方なく車掌のマスターキーを使って

ドアを開けることに。

 

すると、そこには…。

 

血だらけで横たわっている、

その部屋の乗客の姿があったのです。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

こうして第1の殺人事件が起こり、

物語は本編に突入していきます。

 

ここまでの内容は、

コミックス第1巻の終盤辺りまでのストーリーで、

本作のプロローグと言ってもイイでしょう。

 

ただ、プロローグにしては

かなり長めに描かれています。

 

その理由は、上記【ストーリー⑤】の

テツ(鉄道マニア)たちの話が非常に長いから。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

ミステリーは好きだけど、鉄道に興味はない

という読者にとっては、

ここを乗り切れるかどうかが、大きなポイント。

 

ま、鉄道好きな人にとっては、

共感できる部分だと思いますが…。

 

でも鉄道好きじゃない方も、

がんばって読み進めてください。

 

このプロローグの後、

本作はがぜん面白くなりますから。

 

 

ここから物語が急旋回するような感じになり、

実は、空海ちゃんが

「稚瀬布~月館へ、お祖父さまに会いに行く」

という旅そのものが

トリックであることが判明します。

 

実際にはトリックと言えるのかどうか微妙

なんですけど、

空海ちゃんとわれわれ読者にとっては、

トリックと言ってイイでしょう。

 

このトリックの内容は、

本記事を読んだだけでは分からないと思います。

だから、あえて書いちゃいました。

 

そして「誰が犯人か?」についても、

実はプロローグの部分に

ヒントが描かれているんです。

 

でもこれには…。

ちょっとしたブラフが仕掛けられていまして。

 

綾辻先生が原作を担当しているのですから、

考え過ぎると誤った方向へ導かれてしまう

ように出来ているんですね~。

 

漫画ならではの表現の仕方で、

こういった作りは流石だなと思わせてくれます。

 

 

このように、本作のミステリーとしての仕掛けは、

犯人捜し・トリック暴きだけに限らず、

その他の部分でも読者を楽しませてくれる

(驚かせてくれる)ように仕上げられています。

 

ですから、じっくり(食い入るように)

読み進めてヒントを探しても良いでしょうし、

 

一旦サラッと読んでから、再度読み直して、

本作のプロットを確認しても良いでしょう。

 

 

いずれにしろ、

全2巻という短いミステリー漫画です。

じっくり読んでも・読み返してみても

それほど時間は掛かりません。

 

あなたなりのミステリーの読み方で、

有名作家 + 有名漫画家のタッグ作品を楽しんで、

 

ズバリ犯人を当てちゃってくださいね。

(©綾辻行人:佐々木倫子/月館の殺人)

 

なお随所に、鉄道マニア垂涎だと思われる

描写があります。

なのでテツの方々は、謎解き以外でも

楽しめることを付け加えておきます。

 

 

そんな本作「月館の殺人」は

電子書籍化されています。

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

ebookjapan(イーブックジャパン)

で試し読みが可能。

 

「月館の殺人」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

また、ebookjapanについては

こちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせてご参考に。

無料で試し読みするなら【ebookJapan/イーブックジャパン】おすすめの電子コミック通販サイト!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、 60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍通販サイト。 特にコミックス(漫画)の品揃えはNo.1 と言われており、 多くのユーザーが利用するメガサイトです。 ...

 

テキストのコピーはできません。