ちょっとニッチなおすすめマンガやアイテムを紹介!

泣ける!感動の号泣マンガを読みたいならコレ!【マエストロ/さそうあきら】のおすすめポイント

おすすめマンガ

ハッキリ言って、

絵はさほど上手ではありません。

 

コマ割りも単調。

場面転換もウマいとは言えません。

 

ただ、それでも。

 

「マエストロ」

傑作であることに変わりはありません。

 

漫画は「ストーリーが命」。

 

今回は、それを地で行く「さそうあきら」先生の

感動作をお届けします。

 

 

なお、本作品は全巻無料で読むことができます。

(投稿日現在)

読み方については、記事の最後に解説しますね。

 

マエストロの作品データ

【作品概要】

スポンサーの倒産によって解散を余儀なくされた

名門オーケストラ・中央交響楽団。

 

そのメンバーたちが謎の指揮者・天道徹三郎

(てんどうてつさぶろう)によって再集結され、

演奏会を開くことになります。

 

当初は謎の指揮者に反発していた団員たちも、

天道が創り出す音楽に惹かれ…。

 

そして迎えた演奏会。

 

感動のフィナーレがあなたを待ち受けています。

 

【作品データ】

作品名マエストロ
作者さそうあきら
連載誌漫画アクション他(双葉社)
連載期間2003年(平成15年)~2007年(平成19年)
単行本全3巻(新装版:全3巻)
電子書籍あり

 

マエストロのおすすめポイント①(団員にまつわるエピソード)

それでは本作「マエストロ」の

おすすめポイントを紹介していきます。

 

【作品概要】でも述べたとおり、

本作は、謎の指揮者・天道徹三郎⤵

によって集められた元中央交響楽団の団員

+ α がオーケストラを再結成。

 

演奏会を開くまでの経緯が描かれています。

 

ちなみに中央交響楽団は、日本の第一線で

活躍するオーケストラだったという設定。

※ 団員は全員プロ。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

およそオーケストラの指揮者とは思えない

風貌を持ち、突飛な言動を繰り返す謎のじーさん。

 

なにより指揮者としては「無名」の天道徹三郎に、

プロの団員たちは反発します。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

しかし。

再結成されたオーケストラの練習初日。

 

ベートーヴェンの「運命」のタクトを振る

天道の姿を見た団員たちは、

 

度肝を抜かれるのでした…。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

 

全22話で構成される本作は、

オーケストラ再結成から

演奏会を開くまでの1ヶ月間の様子を、

 

各団員にまつわるエピソードを中心に描いた

音楽ヒューマンドラマです。

 

ただし、すべての団員たちのエピソードが

描かれているわけではありません。

(一部の団員のみ)

 

また天道じーさんがスカウトしてきた

フルート奏者の女の子とトランペット奏者の少年

のエピソードもあります。

 

基本的には各団員の

音楽(楽器)に関するエピソードが、

団員同士の話・家族の話・恋の話・過去の話など

を交えて描かれています。

 

これらのエピソードの内容は、

音楽(楽器)に対する悩みが中心となっており、

それをどうやって克服していくか?が主題。

 

その中で、各団員たちの演奏レベルが上がり

楽団としての結束も固まって、

 

かつての中央交響楽団のような

一流オーケストラを形作っていく

という流れになっています。

 

そして。

それらは全て、

最後の2話で描かれるフィナーレ(演奏会)

に向けての布石なんです。

 

 

正直わたしは、音楽に関しては全くのド素人。

 

クラシックなんか聴きませんし、

楽器もできません。

音感も人並み以下です。

 

それでも本作を面白く読めたのは、

前述した各団員のエピソードが

「ハートフルなヒューマンストーリー仕立て」

になっているから。

 

例えば、第6話で描かれているエピソードでは

ホルン奏者のおじさんが登場します。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

ホルンの音が思うように出せないおじさんが、

あることをきっかけに

自分の理想とする音色を

奏でられるようなるエピソードでして。

 

音楽(楽器)の専門的な内容だけでなく、

家族(妻と亡くなった娘)の話もからめて、

とてもハートフルな内容に仕上げられています。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

この他にも、

オーボエ・クラリネット・フルート

ヴァイオリン・チェロ・トランペット

ティンパニ…などの奏者も取り上げられますが、

 

みな共通して、それぞれの人間模様を交えた

エピソードとなっています。

 

こういった描き方は、

音楽に詳しくない読者にとってとても有難い描写。

 

本作を面白くしている要因と言えるでしょう。

 

音楽に対する専門知識のない読者のために、

分かりやすくヒューマンドラマとして

描いているんですね。

 

さらに本作の各エピソードに共通している点が、

もう1つあります。

 

それは、どの奏者も「あるきっかけ」から

音楽(楽器)に関する悩みを解消している

という点。

 

その「あるきっかけ」を与えているのが、

 

「天道徹三郎」なのです。

 

 

マエストロのおすすめポイント②(天道徹三郎)

本作最大の魅力は、

やはり荒唐無稽なじーさん・天道徹三郎

にあります。

 

第1話の冒頭で運送屋さんと間違われるような

風貌をしていた天道じーさんは、

下ネタ好きで、その見た目と言動からは

およそ音楽家とは思えません。

 

一言で表すなら「変人」です。

 

しかし、ひとたびタクトを振れば

超人のような聴力と表現力で奏者を導き、

得も言われぬ迫力を醸し出す

正真正銘の音楽家でもあります。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

だから、本作の主人公は紛れもなくこのじーさん、

なのですが。

 

彼には「謎」がつきまといます。

 

  1. 天道徹三郎とは何者なのか?
  2. 天道徹三郎の目的は何か?

 

プロの楽団員たちを唸らすような

指揮者でありながら、

誰もその名を知らないという「謎の存在」。

 

加えて、天道じーさんの誘いで

集められた楽団員たちは、

なぜ自分たちが集められ再結成されたのか?

その目的も知らされていません。

 

通常であれば、不審がって辞めてしまっても

おかしくないような状況で、

それでも天道のもとで演奏を続ける

プロの奏者たち。

 

それはひとえに、天道徹三郎という「音楽家」

に魅了されたからに他なりません。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

 

ここに集まっているのは、

みな音楽を愛してやまないプロの音楽家です。

 

最初は正体不明のじーさんに困惑していた彼らも、

しだいに音楽家・天道徹三郎に魅了され、

一緒に演奏するのが楽しくなってくるんですね。

 

この辺の感覚は、

音楽ド素人のわたしには分かりませんけど。

 

段々とオーケストラの雰囲気が変わっていくのは、

紙面から伝わってきますね。

 

さらに、前述した

団員たちの音楽(楽器)に関する悩みを、

さりげない助言や行動で解消してあげたりする

天道の人間味にも触れ、少しずつ

「人間・天道徹三郎」にも魅かれていくのです。

 

もう、じーさんの正体や目的なんてどうでもいい、

ただ、良い音楽を奏でたいと…。

 

後半で、オーケストラが解散の危機

に見舞われる場面があるのですが、

 

ここでも団員たちの

「天道のじーさんと音楽がやりたい!」

という気持ちが、それを乗り越えさせます。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

 

そんな天道徹三郎の正体は、第2巻の後半で判明。

 

しかも、とても意外なところから

その正体が暴かれるのです。

※ ネタバレはしませんが楽団員のあるメンバーと関係があります。

 

また、天道じーさんがオーケストラを結成し

演奏会を開く本当の目的については、

最終話で明らかに。

 

 

この天道じーさんの「目的」こそが、

感動のフィナーレそのものと言ってイイでしょう。

(©さそうあきら/マエストロ)

 

 

天道徹三郎のようなじーさんが現実に居たら

とても扱いづらいだろうなと思いますが、

そこはストーリーテラーの「さそう先生」。

 

荒唐無稽な人物として描かれつつも、

読者が感情移入できるよう徐々に

ストーリーにいざなわれてしまいます。

 

そして最終話で、

天道じーさんの「真の目的」を知り、

 

感動の波が押し寄せてくる

 

ように作られているんですね~。

 

 

もう最期は、

号泣でした。

 

 

本作のタイトルである「マエストロ」とは、

オーケストラと聴衆を魅了する

「名指揮者」の意味を持ちます。

 

作中で描かれている天道徹三郎の姿は、

まさにマエストロと呼ぶにふさわしい

名指揮者ぶりなのですが…。

 

本作の「本当のマエストロ」は、

間違いなく「さそうあきら」先生。

 

きっとあなたにも、

どこからかヴァイオリンやフルートの音色が

聴こえてくると思いますよ♪

 

 

【マエストロを無料で読みたい!というあなたへ】

では最後に、本作「マエストロ」を

無料で読む方法について説明します。

 

感動号泣マンガ「マエストロ」は、

AmazonのKindle unlimited

(キンドルアンリミテッド)

にご登録いただくことで

全巻無料で読むことができます。

 

Kindle unlimitedは、

登録から30日間は無料で利用可能

 

だから「マエストロ」も

無料で読むことができるんです。

 

マエストロを無料で読んでみたいという方は、

下の公式サイトから

30日間の無料登録をしてください。


Kindle unlimitedを見に行く

 

ただし。

Kindle unlimitedの無料漫画は

不定期で入れ替わります。

 

いつまで無料で読めるかは

Amazonの気分しだい。

 

なので、無料で読める時に

読んでおくことをオススメします。

 

なおKindle unlimitedについては、

下の記事でも詳しく解説しています。

こちらの記事もあわせてご参考に。

エロ漫画も無料で読めちゃう!Kindle unlimitedの登録方法を解説します!
今や書籍は「紙」ではなく 「電子」で読むのが当たり前の時代。 電子書籍の素晴らしいところは、 いつでも・どこでも好きな時に・好きな本 が読めること。 漫画も多くの作品が電子書籍化され、 P...
無料でエロ漫画を楽しんだら解約しよう!Kindle unlimitedの解約方法を解説します
さて、以前に Amazon.com が提供する電子書籍読み放題サービスの「Kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)」について、その登録方法を解説しました。 このKindle unlimitedは、登録後30日...

 

テキストのコピーはできません。