ちょっとニッチなおすすめマンガやアイテムを紹介!

不良と野球は人気マンガの定番!【ぶっちぎり/中原裕】のおすすめポイント

名作マンガ(昭和)

中坊だったころのわたしが、

当時のサンデーで一番好きだった漫画

「ぶっちぎり」

を紹介します。

 

仲の良い友人たちの中で唯一の

サンデー読者だった清水くんと、

この漫画のへたくそなキャラ絵を描いて

盛り上がっていたのは懐かしい思い出。

 

ただ小学生時代から愛読していたサンデーも、

この漫画が終わったくらいから

あまり読まなくなってしまいましたね。

 

そういう意味でも、思い出深い作品です。

 

今回は、そんな「ぶっちぎり」の

おすすめポイントをご紹介。

 

人気マンガの定番、

「不良」と「野球」でぶっちぎります!

 

ぶっちぎりの作品データ

【作品概要】

元暴走族のリーダー・高原 陣が、

友人やライバルたちとの出会いを経て、

甲子園を目指すヤンキー野球漫画。

 

ただし単なる「不良 + 野球」

を描いた作品ではなく、

過去との決別、そして友情を

前面に押し出した王道少年漫画でもあります。

 

【作品データ】

作品名ぶっちぎり
作者中原裕
連載誌週刊少年サンデー(小学館)
連載期間1987年(昭和62年)~1989年(平成元年)
単行本全14巻(文庫版:全7巻)
電子書籍あり
試し読みebookjapan

 

ぶっちぎりのおすすめポイント(野球との出会い①)

本作「ぶっちぎり」は、

伝説的な暴走族チーム・銀狼(ぎんろう)の

元リーダー・高原 陣(たかはら じん)が、

 

野球を通じて「友情」と「現在いまを生きる」

ことを体現するスポーツ漫画です。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

すでに銀狼というチームは解散したものの、

中学時代はケンカとバイクに明け暮れた陣くん。

 

中学を卒業した彼は、

白滝学園という高校へ入学することになります。

 

野球とは無縁のヤンキー生活を

送っていた陣でしたが、

入学式早々、ある出来事により

剛腕ピッチャーとしての才能を垣間みせ

周りを驚かせます。

 

ちなみに白滝学園は野球の名門校ではありません。

※ 過去、地区予選の決勝まで進んだことがあるという程度。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

しかし本人は、

野球に関しては全くのド素人で興味もなし。

 

周囲の喧騒もよそに

相変わらずのケンカ三昧の日々を続けます。

 

そんなある日。

 

五十嵐という少年と再会。

桜工業の野球部に所属する五十嵐は、

元銀狼の特攻隊長だった男。

 

暴走族をやっていたころから

野球をしていた五十嵐くん。

 

自ら起こした暴行事件により

野球から遠ざかっていましたが、

高校入学を機に、

好きな野球を再び始めたのでした。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

子供の頃からの夢だった甲子園を

本気で目指すという五十嵐。

 

それを聞きよろこぶ陣に、

五十嵐がこんなことを問いかけます。

 

「高原さん、ケンカしてて楽しいですか?」

 

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

ぶっちぎりのおすすめポイント(野球との出会い②)

五十嵐の野郎、つまんねえこといいやがって…。

 

高校に入学してからも、

バイクに乗りケンカをするだけの日々。

 

自分の中で燻っているものに気付いていた

陣くんは、五十嵐のひと言を受けて、

何となく白滝学園野球部の練習を

見に行ってみます。

 

陣の野球の才能を目撃していた野球部員たちは、

見学にきた陣くんを野球部に勧誘。

 

一方で、学校の「問題児」

としても有名になっていた彼を

こころよく思わない野球部員もいました。

 

もともと野球の経験もなく、

五十嵐のひと言があったから

見に来てみただけ。

 

甲子園について熱く語る部員たちを尻目に

グラウンドを後にします。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

「どいつもこいつも、なあにが甲子園だよ…」。

 

数日後、問題ばかり(他校との暴力沙汰)

起こす陣について、

教師たちの間で処分が検討されることに。

 

退学処分を主張する教頭に対して、

野球部の顧問をしている教師が待ったをかけます。

 

野球部顧問の教師は、陣を退学処分にする前に、

野球部で預からせて欲しいと申し出るのです。

 

こうして、本人の意思に関係なく強制的に、

陣くんは野球部に入部することになるのでした。

 

ぶっちぎりのおすすめポイント(野球との出会い③)

野球部に入部させられたことを知ったものの

当然のことながら、

まったく練習には顔を出しません。

 

そんな様子を見かねた野球部の顧問は、

ヤクザのような風貌をした野球部OBの現役刑事を

陣くん専属のコーチとして招聘します。

 

ケンカなら誰にも負けない自信のあった陣を、

一撃でノシてしまうほど強いヤクザデカコーチ。

 

ただ速い球が投げられるだけで

野球の基礎もルールも身に付いていない彼は、

このコーチに

徹底的に鍛え上げられることになります。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

しかし、それでも

本気で野球に取り組もうとしない陣くん。

 

五十嵐の影響で野球に興味は出てきたものの、

まだ自分から本気で取り組もう

という気にはなっていないのです。

 

そしてこの後。

 

「ある男」との出会いが、

燻っていた心に火を付けることになります。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

高校No.1スラッガーと名高い

この大男との真剣勝負(野球の)で

完膚なきまでに叩きのめされた陣は、

ヤクザデカコーチの元を訪れ、

こう告げるのでした。

 

「野球だ…、野球教えてくれ」

 

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

ぶっちぎりのおすすめポイント(友情と過去との決別)

こうして陣くんは、

野球にのめり込んでいくことになるのですが。

 

当初は、先ほど登場した高校No.1スラッガ―

神堂(しんどう)に勝つことだけを目的に

野球に取り組みます。

 

「甲子園出場」という高校球児の目標は、

まったく頭の中にありません。

 

ケンカであれ野球であれ、

負けっぱなしで終わるのがイヤ。

という「男の意地」が

野球をやる原動力となっています。

 

なので、神堂との対決が終わった後は、

何とかして練習をサボってやろうと企む

いつもの陣くんに逆もどり。

 

本人が「甲子園に行きたい」と思うのは、

最後のほうになりますね。

 

陣が野球を始めてから

甲子園を目指すまでの姿が描かれているのは、

高校1年の夏から高校2年の夏までの

1年間だけなんです。

 

それでも、神堂くんとの勝負や

五十嵐率いる桜工業との試合など、

序盤から野球の見どころは満載。

 

そのあと、

春の選抜大会の不祥事による出場辞退をへて、

高校2年の夏の戦いで

本作の高校野球は幕を閉じます。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

そして高校野球と同時に進行するのが、

本作のもうひとつのみどころ、

「暴走族同士の抗争」です。

 

 

「銀狼」という暴走族は、

もともとバイクで走ることが好きな連中が

集まったチームで、

「風間オサム」という男が結成しました。

 

現在の風間は、

プライベートでヨーロッパを転戦する

バイクレーサーとして活躍。

 

その走りに魅せられた連中が集まって

初代・銀狼が成り立っていたのです。

 

その初代・銀狼が解散したあとに

チーム名を引き継いだのが

陣たちのチームというわけです。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

ですから陣は「二代目の銀狼リーダー」であり、

初代の銀狼に属していたわけでもありません。

 

ちなみに、初代・銀狼が解散した経緯は

外伝としてコミックスに収録されています。

 

風間率いる初代・銀狼は

150人を超す大所帯のチームでしたが、

陣が率いた二代目・銀狼は

わずか「7人」だけのチーム。

 

それでも、たった7人で100人を超すチームを

ボコボコにしてきたことから

「伝説の暴走族」

と呼ばれるようになったのです。

 

ただし!

ココが重要なポイントでして、

 

 

本作では、

銀狼は「過去のこと」

として描かれます。

 

陣や五十嵐は、元銀狼のメンバーであったことを

ひけらかすこともなく、

むしろ完全に過去のこととして葬り去りたい

と考えているんですね。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

しかしそれを、周りの連中が許しません。

いま現在も暴走族をしている連中にとっては、

銀狼は憧れであり、敵でもあります。

 

元銀狼のリーダーに勝てば名を上げられる。

元銀狼のリーダーに勝って新しい銀狼を作る。

 

そして勝手に、

二代で銀狼というチームを終わらせてしまった

陣に対して恨みを持つ男たちが、

「銀狼連合」という新しいチームを作り、

動き出すのでした。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

 

この漫画の本筋はあくまでも「野球」

にあるのですが、

暴走族同士の抗争が

要所要所でストーリーに関わってきます。

 

あるときは陣が狙われ、

ある時は五十嵐が、

またある時には他の仲間たちが

ターゲットとして狙われます。

 

そのたびに陣や他の仲間たちは、

危険をかえりみず

敵の懐に飛び込んで行くことになるのです。

 

この辺りは、陣くんをはじめとする

元銀狼メンバーの「友情」が描かれていますね。

 

ただ面白いのは、陣くんの心境の変化でして。

 

当初は「昔の仲間 > 野球仲間」だったものが、

後半になるにつれ

「昔の仲間 ≒ 野球仲間」へと変わっていきます。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

これは昔の仲間に対する友情が薄まった

ということではなく、

今の野球仲間との友情が高まった

ということを意味します。

 

だんだんと陣くんが野球にハマっていく様子が、

こういった描写からも

分かるようになっているのです。

 

元銀狼という肩書は、

もう今の自分たちには必要ない

と思っている陣くんたち。

 

対して、「銀狼」という名前にすがり

固執する周りの暴走族たち。

 

迎える最終局面では、この暴走族の抗争に

「野球」で決着をつけることになります。

 

銀狼という過去の遺物と決別するために、

ケンカではなく野球を用いるところは、

いかにも少年漫画ですね。

 

でもまぁその前に、

派手なケンカもするんですけど…。

(©中原裕/ぶっちぎり)

 

こうして本作の高校野球と

暴走族の抗争は終わりを告げます。

 

夏の高校野球が終わったあと、

気の合う仲間でツーリングをする陣たち。

 

そこには、

現在いま」を生きている

清々しい若者たちの笑顔がありました。

 

「高原さん、これから野球どうすんですか?」

 

「続けてみんのも悪かねえかもな!」

 

 

ということで今回は、

昭和の不良&野球マンガの傑作

「ぶっちぎり」を紹介しました。

 

むかし大好きな作品だったので、

たくさんの見どころを詰め込もうと、

いろいろ書きすぎてしまいましたが。

 

「高原陣」という少年をめぐる

不良&野球のストーリーは、

やっぱり何回読んでも

惹かれるものがあります、男として。

 

古き良き時代の不良たちと

人気マンガの定番・高校野球を

うまくストーリーに絡めた傑作漫画

「ぶっちぎり」。

 

不良モノと野球モノが好きな方に、

ぜひオススメしたい一作です。

 

 

さて、そんな本作「ぶっちぎり」は

電子書籍化されています。

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan(イーブックジャパン)」

で試し読みが可能。

 

「ぶっちぎり」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてくださいね。

ebookjapanの公式サイトを見に行く

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

また、ebookjapanについては

こちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせてご参考に。

無料で試し読みするなら【ebookJapan/イーブックジャパン】おすすめの電子コミック通販サイト!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、 60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍通販サイト。 特にコミックス(漫画)の品揃えはNo.1 と言われており、 多くのユーザーが利用するメガサイトです。 ...

 

テキストのコピーはできません。