ちょっとニッチなおすすめマンガやアイテムを紹介!

【りびんぐゲーム/星里もちる】ピュアなヒロインが魅力の王道ラブストーリー漫画!

名作マンガ(平成)

わたし、学生のころから「星里もちる」

という漫画家さんのファンだったんですけど…。

 

ずぅ~っと星里先生が「女性」だと思ってました。

スミマセン。

 

 

ということで今回は、星里もちる先生の

「りびんぐゲーム」を紹介します。

 

本作の魅力は次の2つ。

  • 王道とも言える「ラブストーリー」
  • めちゃくちゃ可愛いピュアな「ヒロイン」

 

今回の記事では、この2点に注目して

「りびんぐゲーム」のおすすめポイントを

紹介していきます。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

なお「りびんぐゲーム」というタイトルですが、

ホームコメディの要素はありません。

 

ラブストーリーです。

 

りびんぐゲームの作品データ

【作品概要】

中小企業に勤める25歳の平凡なサラリーマン

「不破 雷蔵(ふわ らいぞう)」。

 

地方から上京してきた15歳の女の子

「氷山 一角(ひやま いずみ)」。

 

ひょんなことから同居することになった

二人の恋模様を描くラブストーリーです。

 

【作品データ】

作品名りびんぐゲーム
作者星里もちる
連載誌ビッグコミックスピリッツ(小学館)
連載期間1990年(平成2年)~1993年(平成5年)
単行本全10巻(文庫版は全7巻)
電子書籍あり

 

りびんぐゲームのおすすめポイント(ラブストーリー)

それでは、「りびんぐゲーム」のストーリーを

主要なキャラを絡めながら紹介していきます。

 

本作の物語は、東京の中小企業に勤める主人公

不破 雷蔵(ふわ らいぞう)が、

新入社員である氷山 一角(ひやま いずみ)

という15歳の少女と出会うことから動き出します。

 

主人公の不破くんは、25歳、サラリーマン、独身。

いたって普通の20代の青年として描かれています。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

ヒロインのいずみちゃんは、ピュアで天真爛漫。

でもガンコな一面もある15歳の女の子です。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

そしてひょんなことから、

二人で一緒に暮らすことになり、

25歳と15歳の「ラブストーリー」が

展開されていきます。

 

 

この漫画のラブストーリーは、

王道とも言える恋物語。

 

  • 純愛
  • すれ違い
  • 嫉妬
  • 三角関係
  • 誤解
  • 過去
  • 家族
  • コメディ
  • お色気 など

 

たくさんの要素が盛り込まれています。

 

ラブストーリーの概要をカンタンに説明すると、

こんな感じですね。

 

【不破くんサイド】

主人公の不破くんは、

一緒に暮らすことになった

いずみちゃんのことを、

 

当初「エロい目」でしか見ていませんでした。

 

なぜならいずみちゃんは、

15歳のくせに体は「大人」。

(いわゆるロリ巨乳)

 

不破くんも独身の25歳ですからね。

どうしてもエロい目で見ちゃいますわな。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

【いずみちゃんサイド】

一方のいずみちゃんはというと。

 

どうも不破くんに出会った時から

「恋心」を抱いていた様子。

 

物語の序盤で「時子(ときこ)さん」という

不破くんの元カノが出てくるのですが、

 

彼女の不破くんに対する態度に

激しく嫉妬する様子からもそれは窺えます。

※ ちなみに時子さんは既婚者。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

なので最初は、

「いずみちゃんの一方的な片想い」でスタート。

 

しかしある晩。

 

自分の過去を告白し「あたしには居場所がない…」

と涙するいずみちゃんを見て、

 

不破くんに、「俺がいずみちゃんを守らなきゃ!」

という思いが芽生えます。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

ただし、まだこの辺では保護者的な立場が強く、

不破くんの恋愛感情は表立ってきません。

 

しばらくはお互いの距離が

近くなったり遠くなったりしつつ物語は進行。

 

二人の距離が一気に縮まるのは、

コミックス第4巻の終わりくらい。

 

不破くんといずみちゃんにとって、

重要な出来事が起こります。

 

 

それは

「いずみちゃんの過去と家族に関するエピソード」

で、いずみちゃんの故郷である

島根県に舞台を移して展開されます。

 

この出来事をきっかけに、

いずみちゃんが自分にとって大切な存在であると

気付く不破くん。

 

そして、過去と決別するいずみちゃん。

 

このエピソードは、

いずみちゃんが15歳という若さで、

しかも1人で上京してきた理由を描く

重要なエピソード。

 

いずみちゃんの故郷・島根県を舞台に、

それぞれの想いが交錯します。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

しかしっ!

このエピソードを経ても、まだ、

 

二人のラブストーリーは完結しません!

 

二人のラブストーリーが

どのような結末を迎えるのか?

 

それは、コミックスの第8巻まで

待たなければならないのです。

 

 

ちなみにヒロインのいずみちゃんは、

作中でいろいろな表情を見せてくれます。

 

彼女のピュアな可愛さは本作の大きな魅力。

 

不破くんのことを「先輩」と呼ぶのも、

わたし的にはヒットでした。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

また、いずみちゃんとは違ったタイプの

魅力的な女性・時子さんも見逃せません。

 

彼女も素敵な大人の脇役を演じてくれますよ。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

りびんぐゲームの残念ポイント(ヒューマンドラマ)

ということで。

本作「りびんぐゲーム」のラブストーリーは、

コミックス第8巻(の途中)をもって完結、

 

するのですが…。

 

この作品は、コミックス「全10巻」。

 

ラブストーリーが8巻で完結するのであれば、

それ以降は何が描かれているのか?

 

気になりますよね。

 

実は、ラブストーリーが完結した後の

第8巻の途中からは、

不破くんといずみちゃんの

「ヒューマンラブストーリー」が描かれています。

 

ヒューマンラブストーリーとは、

恋物語を絡めながら「主人公たちの人間的な成長」

を描くストーリーだと考えてください。

 

最後に、そのヒューマンラブストーリーを

簡単に紹介して終わりたいと思います。

 

 

いずみちゃんと出会う前の不破くんは、

特に将来の目標もなく、

とりあえず会社に行って給料をもらって…

というごく普通のサラリーマンでした。

 

しかも独身&一人暮らしであるため、自由気まま。

そんな独身ライフを満喫していたところへ、

いずみちゃんが転がり込んできます。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

そしていずみちゃんとの出会いをきっかけに、

不破くんの人生が変わっていく…。

という姿が描かれているのが、

本作の終盤なのです。

 

コミックス第8巻(の途中)までは、

不破くんといずみちゃんの恋模様が物語の中心

となっています。

 

その間にも、色々な人たちと出会い

さまざまな出来事が起こるのですが、

 

それらを布石として自分の将来を真剣に考え

目標に向かって歩んでいく姿が、

8巻以降で描かれているのですね。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

基本はラブストーリー。

でも終盤に近づくにつれ、

段々とヒューマンドラマの色が濃くなっていく

と思ってください。

 

ヒロインであるいずみちゃんも同様。

自分の将来を模索しながら、

最終的に進むべき目標を見つけることになります。

 

特にいずみちゃんは10代という多感な時期。

紆余曲折を経ながら徐々に

大人の女性へと成長していきます。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

このように、ラブストーリー完結後は、

それぞれの人間としての成長物語が中心となり、

エンディングへと向かっていくわけです。

 

 

がっ!

 

わたし的には、

この「ヒューマンドラマ」は要らなかったかなと。

 

ラブストーリーで完結させて、

「数年後、こうなりました」みたいな後日譚を

ちょこっと描いて終わり。

 

のほうが良かったのではないか、

と今でも思っています。

 

なぜなら、

コミックス第9巻以後のエピソードは、

大して面白くないんですよ。

 

 

別に描かなくてもイイような内容で、

一旦完結したラブストーリーをちょっと壊して、

また元に戻しつつ、

成長していく姿も描くみたいな。

 

「こっちの都合で引き延ばしてますよ~」

感がミエミエ。

 

おそらく大人の事情で

引き延ばしたんでしょうけど、

 

ラブストーリーとして8巻で完結させたほうが、

読者の心に残ったでしょうね~。

 

まぁしかし、

ラストはハッピーエンドで終わっています。

 

だから、

「終わりよければすべてよし」

ということにしておきましょう。

(©星里もちる/りびんぐゲーム)

 

 

ということで今回は、星里もちる先生の

「りびんぐゲーム」を取り上げて紹介しました。

 

個人的には、王道のラブストーリーと

ヒロイン・いずみちゃんの可愛さが

最大の見どころだと思っています。

 

いま全盛の「ラブコメ」ではなく、

ピュアな「ラブストーリー」が読みたい方に

おすすめします。

 

 

そんな本作「りびんぐゲーム」は

電子書籍化されています。

 

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト

「ebookjapan(イーブックジャパン)」

で試し読みが可能。

 

「りびんぐゲーム」に興味を持たれた方は、

下の公式サイトを覗いてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

 

ebookjapanについては

こちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせてご参考に。

無料で試し読みするなら【ebookJapan/イーブックジャパン】おすすめの電子コミック通販サイト!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、 60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍通販サイト。 特にコミックス(漫画)の品揃えはNo.1 と言われており、 多くのユーザーが利用するメガサイトです。 ...

 

テキストのコピーはできません。