ちょっとニッチなマンガやアイテムの情報をお届け

おすすめの異世界転生マンガはコレ!【魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!】

おすすめ異世界マンガ

さて今回は、みんな大好き「異世界転生マンガ」を取り上げます。

当ブログで異世界転生マンガを紹介するのは初めてですね~。

わたしも異世界モノ・転生モノが大好きでいろいろ読み漁っているのですが。

なんせ数が多い!

そんな中、これはおもしろいよ!っていう作品をこれから取り上げていきますので、興味のある方は読んでやってくださいませ。

 

というわけで。

記念すべき第1回目に紹介するのは「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」という作品。

人気ラノベを原作としたコミカライズ作品ですね。

今回の記事では、この「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」のおすすめポイントなどを紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!の作品データ

【作品概要】

舞台は異世界。

不慮の死によって転生した主人公に与えられた能力は…。

「毒素分解EX」!?

どんな毒も菌もイチコロにできる地味~なチート?能力を授かった主人公が、数奇な運命により一国の王を目指す物語です。

 

【作品データ】

作品名魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!
作者原作:結城涼、作画:菅原健二、キャラクター原案:成瀬ちさと
連載誌ドラドラふらっと♭(KADOKAWA)
連載期間2019年(令和元年)~
単行本既刊3巻
電子書籍あり
  • 本記事の内容は、投稿日時点での連載内容に基づいています。

 

魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!のストーリー

まず最初に、本作「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」のストーリーを紹介します。

っと、その前に。

わたしはこの作品の原作(ラノベ)も読んでまして、原作のほうは漫画よりもかなり先まで進んでいます。

ですが、今回の内容はあくまでも漫画版「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」の紹介です。

漫画より先の内容には触れていませんのでご注意ください。

 

ということで、改めてストーリーを紹介していきます。

物語の舞台は正統派ファンタジーの世界。

魔法があって、スキルがあって、ステータスがあって、魔物がいて、王様がいて、貴族がいて…というお決まりの世界観ですね。

主人公は、不慮の死により異世界に転生したアイン少年(5歳)。

ハイム王国の伯爵であり、大陸一とも言われる将軍ローガス・ラウンドハートの長男として生まれました。

アインくんは貴族のお坊ちゃんですから、伯爵家の跡取りとしてさぞ悠々自適な生活を送っているだろう、と思いきや…。

そうとも言えないフクザツな貴族生活を送っていました。

なぜなら、アインくんが持っているスキルは「毒素分解EX」というジミ~なスキルだけだったから。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

確かにあらゆる毒や菌を無効にするというチカラは凄い能力ではあります。

でも。

やっぱり「勇者」とか「賢者」なんかのスキルと比べると、なんだかなぁって感じがしませんか?

だからアインくんは「オレつえ~!!」的なチート無双で活躍する主人公じゃありません。

さらに不幸なのは、アイン少年の弟・グリントくんが「聖騎士」という過去に数人しかいないという希少なスキルをもっていたこと。

これにより父・ローガスの期待はグリントくん一択となり、果てには次男であるグリントを跡継ぎにすることを決めてしまうのです。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

アインの父であるローガスは王国一の将軍。

戦いにおけるチートスキルである「聖騎士」をもつ次男を大事にするのは必然と言えるでしょう。

ただし、それでも長男・アインくんにも愛情をもって接してくれれば良かったのですが…。

ローガスの中では完全に「グリント > 埋められない差 > アイン」という構図ができあがっていて、これがアインくんの不遇な貴族生活のキメ手になっているのでした。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

長男が継ぐはずの爵位を廃嫡され、弟ばかり可愛がる父親。

加えて弟にも白い眼で見られるという屈辱。

その後、アインとグラントのお披露目パーティーでもアインだけが無下に扱われ、彼は自分の立場をイヤというほど思い知ることになります。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

しかし!

もちろんこのままでは終わりません!

このお披露目パーティーでの一件が、彼の運命を大きく変えることになるのです。

 

そのカギを握っているのがこの2人。

アインくんのママである「オリビア」と。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

大公家のご令嬢である「クローネ」。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

  1. アインくんの母親・オリビアに隠された秘密。
  2. 大公家の令嬢・クローネとの運命的な出会い。
  3. アインくん自身のスキル「毒素分解EX」の力。

このお披露目パーティーをきっかけに3つの運命が絡み合って、アイン少年は一国の王を目指すことになります。

 

というのが本作序盤の展開でして、言ってみれば「成り上がり」的なストーリーですね~。

どのようにしてアインくんが一国の王になっていくのか?という楽しみは、本作の見どころのひとつと言えるでしょう。

まぁ極力ネタバレしたくなかったのであえて肝心な部分は伏せていますが、物語のつかみとしてはなかなかにドラマチック。

ここまで読んだら、ゼッタイに続きが読みたくなってしまいますよ。

 

魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!のおすすめポイント

上のほうでも書いたように、原作は漫画に比べるとかなり先まで進んでいてストーリーも非常に面白い展開になっています。

そして、そのストーリーを支えているのが多彩なキャラクターたち。

特に主人公のアイン少年はとても魅力的に描かれていて、男のわたしでも好感を抱いてしまうキャラ設定なんです。

そこで最後に、本作「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」の主人公・アインくんの魅力をおすすめポイントとして紹介したいと思います。

 

おすすめポイント①(アインくんたら、まぁ~イイ子!)

当ブログを読んだことのある方ならお分かりになると思うんですけど、わたし基本的に男のキャラは推さないんです。

でもアインくんは別。

この子。

まぁ~~イイ子!

 

明るく素直で真面目で頑張り屋さん。

この辺はマンガの主人公としてはありがちですけど、アインくんの魅力的な点は加えて2つあります。

1つは、毒素分解EXという異世界転生モノとしてはお世辞にもアタリとは言えないスキルを授かったにもかかわらず。

そして、父親や弟にないがしろにされているにもかかわらず。

めげずに努力を続けるひたむきさ。

これが彼の最大の魅力と言ってイイでしょう。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

この設定はスゴク好感が持てますね~。

チートなスキルがなくても、努力していつか父親を見返してやる!という負けん気があるのも◎。

「オレつえ~!!」系のチート無双で主人公が活躍する異世界モノも好きなんですけど、こういう地道な努力で少しずつ強くなっていく主人公も王道としてやっぱり好きですね。

 

そしてもう1つの魅力的な点は、「お母さま大好き!」なところ。

アインと弟のグリントは母親が違います。

アインの母は第一夫人で、グリントの母親は第二夫人。

でも父親のローガスが弟を可愛がるため必然的に母親にも優劣がついてしまうんです。

第二夫人 > 第一夫人みたいに。

なので、アインと同じように第一夫人である母・オリビアも夫であるローガスからないがしろに扱われているわけです。

アインくんは、それを「自分のせい」だと思っています。

自分にチカラがないから、父親に認められていないから、だからお母さまにも辛い思いをさせてしまっていると。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

だから努力する。

大好きなお母さまに辛い思いをさせないように、より一層努力する。

こうやって誰かのために頑張れる主人公という設定も王道で、やっぱり好感が持てちゃうんです。

 

まとめると、本作の主人公アインくんはわたしたちが大好きな王道少年マンガに出てくるようなタイプ。

そこに異世界モノの世界観を上手に重ねてる。

そんな感じの主人公なんです。

 

多くの人たちに好まれる「王道少年マンガ」のキャラ設定と、いま大人気の「異世界転生モノ」の世界観。

この2つをあわせ持っているアイン少年。

魅力的に決まってますよね~。

 

とは言っても、ハズレスキルと思われた「毒素分解EX」が、結局はチート能力としてアイン少年のチカラになってくれるんですけど。

 

おすすめポイント②(アインくんを見守る人たち)

前のほうでアインの母親・オリビアと大公家の令嬢・クローネを紹介しました。

この2人もとても重要なキャラクターなのですが、本作にはそれ以外にもアインくんを見守ってくれるキャラクターが多数登場します。

  • アインの祖父であるシルヴァード
  • オリビアに次いでアインの理解者となるクリス
  • オリビアの姉であるカティマ
  • アインとともに学園生活を過ごすディル

などなど。

こういった人たちに温かく見守られかつ厳しく指導されながら、アイン少年は一国の王への途を歩んで行くことになります。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

全員に共通しているのは、アインを「認めている」ということ。

身分や立場ではなくアインという人間そのものを認めていることが共通点です。

父親に認められたい一心で何事にもひたむきに取り組んできたアインくんの努力は、残念ながら父・ローガスには認められませんでした。

でも違った形で認められ、花開くことになります。

「努力は必ず報われる」というのも、これまた少年マンガの王道、ですよね。

 

さっき「毒素分解EX」が、結局はチート能力としてアイン少年のチカラになってくれると書きましたけど…。

たぶん彼が授かった最大のチート能力は「ひたむきに努力できる」という能力だったんじゃないかと思います。

 

 

ということで、つらつらッと本作「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」のおすすめポイントを紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

極力ネタバレしないように紹介したので分かりづらい部分もあったかと思いますが、それも本編を読む楽しみを考えてのこと。

もしあなたが今回の記事を読んで少しでも興味を持ってもらえたなら、今度は「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」の本編を楽しんでみてくださいね。

 

えっ?

「魔石グルメ」の「魔石」はどこに出てくるのか?

ですか?

え~っとですねぇ。

魔石はこういうモノ⤵でして、アインくんは毒素分解EXで魔石のチカラを吸い取ることができるんです。

(©結城涼、菅原健二、成瀬ちさと/魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強! 第1巻)

 

強い魔物の魔石を吸えば、アインくんはその力を得ることができるというわけですね。

でも魔石のチカラを得たからといって、すぐに「オレつえ~!!」とはならないのがこの漫画のイイところ。

魔石を吸ってもそのチカラを使うために「努力」しないといけないんです。

だから、この能力はオマケだとわたしは思っています。

ルフィが強いのはゴムゴムの実を食べたからじゃないですよね。

それと一緒。

本作のタイトルは「魔石グルメ」となってますけど、本質はそこじゃないと思って読んでいただければ幸いです。

ちなみに原作では、強い魔物の魔石を吸いまくったことでアインくんは「まお…」。

おっと。

これ以上は言えません。

 

 

さて、そんな本作「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」は電子書籍化されています。

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト「ebookjapan(イーブックジャパン)」で試し読みが可能。

「魔石グルメ/魔物の力を食べたオレは最強!」に興味を持たれた方は、下の公式サイトを覗いてみてください。

ebookjapanの公式サイトを見に行く

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

なお、ebookjapanでは原作のラノベも取り扱っています。

マンガと一緒にラノベも読みたい!という方もebookjapanの公式サイトでチェックしてください。

ebookjapanの公式サイトを見に行く

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

ebookjapanについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせて参考にしてくださいね。

おすすめの電子コミックサイト【ebookJapan(イーブックジャパン)】電子漫画の品揃えNo.1!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍サイト。 特に、コミックス(漫画)の品揃えはNo.1と言われており、多くのユーザーが利用するメガコミックサイトです。 さらに、Yahoo!Jap...

 

テキストのコピーはできません。