ちょっとニッチなマンガやアイテムの情報をお届け

忍者バトル漫画の名(迷)作!【NINKU -忍空-/桐山光侍】のおすすめポイント

名作マンガ(平成)

今回紹介するのは、SLAM DUNK・幽☆遊☆白書・るろうに剣心などが連載されていた時代(ドラゴンボールもやってましたかね)に、第2次黄金期のジャンプを彩ったバトル漫画。

しかし作者の都合による休載を繰り返し、最後は「休載による打ち切り」で中途半端に終わってしまった、週刊少年ジャンプ史に残る迷作漫画の代表格でもあります。

 

その作品が「NINKU -忍空-」。

 

「忍空」というアイデアやキャラクター設定、そして世界観などは非常に優れた作品でした。

それだけに、長く続けてきちんと完結させることができていれば、黄金期のジャンプを支えた正真正銘の「名作漫画」になっていたでしょう。

 

今回の記事では、この「NINKU -忍空-」のおすすめポイントをご紹介。

「NARUTO -ナルト-」よりも前に描かれた、ジャンプ史に残る忍者バトル漫画の名(迷)作をお楽しみください。

 

NINKU -忍空-の作品データ

【作品概要】

舞台は江戸時代を模した「EDO時代」という架空の世界。

「忍空」と呼ばれる、忍術と空手を組み合わせた格闘術の使い手・風助(ふうすけ)の活躍を描く王道バトル漫画です。

 

【作品データ】

作品名NINKU -忍空-
作者桐山光侍
連載誌週刊少年ジャンプ(集英社)
連載期間1993年(平成5年)~1995年(平成7年)
単行本全9巻(文庫版:全6巻)
電子書籍あり

 

NINKU -忍空-のあらすじ

本作「NINKU -忍空-」は第1部と第2部に分かれており、コミックス全9巻で構成されています

ここでは、本作のあらすじをそのストーリーも交えて簡単に紹介していきます。

 

【第1部のストーリー】

風助たち忍空の使い手の活躍により戦乱の世も治まったかに見えたEDO暦3年。

旅をしていた風助は、その途中、下級の忍空使いが悪事を働いているのを目にします。

戦国時代が終わって太平の世が訪れたかに思えた世の中でしたが、一般市民の生活は戦乱後の食糧難と戦の残党たちによる恐怖によって脅かされていたのです。

 

そんな折、かつて風助とともに戦った仲間の橙次(とうじ)が、残党の過激派に囚われたとの情報を耳にします。

橙次をさらったのは「忍空狼(にんくうろう)」と名乗る忍空使いの集団で、ある目的のために忍空狩りを行っていたのでした。

 

橙次を助け出すために忍空狼に立ち向かう風助。

ここに、風助たちと忍空狼による「忍空 VS 忍空」の戦い幕が切って落とされます。

 

という、いきなりわけの分からん展開で物語が始まるわけですが。

  • 忍空ってなに?
  • 風助ってだれ?
  • どういう世界観なの?

などなど色んな疑問がわくことでしょう。

そんな疑問がわく理由はですね。

「NINKU -忍空-」の作品構成がちょっと特殊だからなんです。

 

上に書いた忍空狼との戦いは、コミックス第5巻でいったん決着を見ます。

そして第6巻で再び忍空狼のボスと戦うことになり、第1部・忍空狼編が完結。

 

その後、第2部にて第1部より前のエピソードが描かれます。

 

ですから、時間軸としては「第2部 ⇒ 第1部」という構成になっているんです。

  • 第1部 ⇒ EDO時代のお話し
  • 第2部 ⇒ EDOの前のMUROMACHI時代(戦国時代)のお話

 

ちょっと分かりづらいですよね。

 

この第2部で、風助と忍空との出会いや忍空使いが戦乱の世に赴くまでの様子が描かれる。

 

…はずでしたが。

 

「未完」のまま打ち切りという結末を迎えます。

 

なのでストーリーとして完全に描かれているのは第1部のみということになるんですね。

どうせならそこで「第一部・完」として一旦連載を終了すれば良かったんでしょうけど、まぁそれも結果論。

人気漫画誌での連載ですから、当時はそういう状況にはなかったのでしょう。

 

冒頭でも述べたとおり、本作のアイデアや設定は「世の少年たちの好きそうな」とても秀逸な内容。

だからこそ、それを活かしきれずに終わってしまったのは本当に残念でした。

 

これが「NINKU -忍空-」が名作ではなく「迷作」になってしまった要因ですね~。

 

ということで続いては、その魅力的なアイデアと設定を本作のおすすめポイントとして紹介します。

 

NINKU -忍空-のおすすめポイント

少年向けバトル漫画がヒットするかどうかは、ひとえにその「バトル設定」にあると言っても過言ではないでしょう。

主人公を含めどんなキャラクターを登場させるか?

そして、そのキャラクターがどのようにして戦うか?(どんな能力、技、武器などで戦うか?)

まずはこの設定をどうするかで、読者に受け入れられるかどうかが決まります。

ドラゴンボールやONE PIECEなど、ヒット作は皆オリジナルの要素を持っていますよね。

 

ま、他の漫画の設定を上手にパクって、オリジナリティを出しているとも言えますが…。

 

で、本作「NINKU -忍空-」の設定です。

忍空とは「忍術」と「空手」を組み合わせたもので、作中では世界最強の武術として描かれています。

一切の武器・道具を使わず己の肉体と自然の力を駆使して戦う総合格闘技のため、忍者のように手裏剣や刀を使って戦ったりはしません。

本作は、そのタイトルから「忍者漫画」だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、正確には忍者漫画ではありません。

総合すると「忍者風格闘バトル漫画」というジャンルになるでしょう。

 

忍空は12の流派に分かれており、同じく12種類ある干支にちなんで各流派の名称がつけられています。

 

ただし、忍空使いは常時「1つの組織」として行動しているわけではありません。

作中では、忍空使いが「忍空組」という組織を結成し、それぞれの流派ごとの「隊」として戦国の世に参戦したことになっていますが、これは戦乱を早く終わらせるため臨時的に結成されたもの。

その証拠に、戦が終わったあと忍空組は解散され、忍空使いはバラバラに好きなように暮らしています。

 

「BLEACH」の護廷十三隊のように、常に「○番隊」に所属しているわけではないということですね。

 

しかし、作中で「○○隊に所属していた」とか「○○隊長の部下だった」などの設定が頻繁に登場するため、ここではそれも踏まえてそれぞれの流派の名称と特徴を紹介していきます。

 

【忍空組について】

  • 一番隊
    • 流派:子忍(ねにん)
    • 特徴:風を操ることができる
    • 隊長:風助(本作の主人公)

  • 二番隊
    • 流派:丑忍(うしにん)
    • 特徴及び隊長:不明
  • 三番隊
    • 流派:寅忍(とらにん)
    • 特徴及び隊長:不明
  • 四番隊
    • 流派:卯忍(うにん)
    • 特徴及び隊長:不明
  • 五番隊
    • 流派:辰忍(たつにん)
    • 特徴:炎を操ることができる
    • 隊長:赤雷(せきらい)

  • 六番隊
    • 流派:巳忍(みにん)
    • 特徴:大地を操ることができる
    • 隊長:橙次(とうじ)

  • 七番隊
    • 流派:午忍(うまにん)
    • 特徴:氷を操ることができる
    • 隊長:黄純(きすみ)

  • 八番隊
    • 流派:未忍(ひつじにん)
    • 特徴及び隊長:不明
  • 九番隊
    • 流派:申忍(さるにん)
    • 特徴及び隊長:不明
  • 十番隊
    • 流派:酉忍(とりにん)
    • 特徴:驚異的な脚力を活かした空中技
    • 隊長:藍朓(あいちょう)

  • 十一番隊
    • 流派:戌忍(いぬにん)
    • 特徴:動物を操ることができる
    • 隊長:紫雨(しぐれ)
  • 十二番隊
    • 流派:亥忍(いにん)
    • 特徴:水を操ることができる
    • 隊長:黒楼(こくろう)

 

※ 隊長のことを、別名「干支忍(えとにん)」とも呼びます。

 

ここまで述べたことを踏まえて本作のバトル漫画としての魅力をまとめると、次の5点に凝縮されます。

  1. 「忍空」という今までになかった能力(技)を使って戦うこと
  2. グループ分けした組織を登場させ主要な登場人物をそのリーダーとすること
  3. それぞれのグループ(組織)に特長を持たせたこと
  4. 自然現象(風・火・氷・土など)を能力として使っていること
  5. 全ての能力(技など)を一気に明かさずに小出しにしていること

 

もうこういう設定を見ただけで「この漫画おもしれ~!」と思っちゃう少年たちって多いわけですよ。

「今週出てきたアイツ、どんな能力持ってんだろ~?」

そう考えるだけでワクワクしませんか?

「○○が火で、△△が風だから、雷じゃね?」

「□□隊の隊長は前に出てきたアイツだと思うよ、逆に。」

「たぶんアイツ、来週死ぬな。」

楽しいですよね♪

もうひとつ付け加えるなら、主要なキャラクターが必殺技を持っているというのもありますかね。

 

た・だ・し!

 

先ほどの【忍空組】の一覧を見ていただければ判るように、本作に登場する干支忍(隊長)は7人しかいません。

何度も言いますが、この漫画は未完のまま打ち切られていますので、残りの5人は未登場のまま完結してしまうのです。

何とももったいない話で、ワクワクして損した!みたいな感じになりますよね~。

 

これも、本作が名作ではなく「迷作」になってしまった理由。

 

このように、素晴らしいアイデアや設定を創り出しておきながら、それを活かしきれずに終えた桐山先生には、当時大いに文句を言ってやりたかったのですが…。

 

今はもう、文句を言う気はありません。

 

なぜなら。

 

本作には、「続編」があるからです。

「忍空 〜SECOND STAGE 干支忍編〜」と題された続編は、本作の終了から10年後(2005年~)に描かれた作品です。

10年後になってしまったとはいえ、続編を描いてくれた桐山先生に今は心から拍手を送りたい。

しかも今度はちゃんと「完結」させてくれていますので、大丈夫です。(2011年に完結)

 

この「忍空 〜SECOND STAGE 干支忍編〜」については、こちらの記事で紹介しています。

残りの干支忍たちも登場しますので、興味のある方は読んでやってくださいませ。

 

 

こうして「NINKU -忍空-」は、連載開始から足掛け18年を経てめでたく完結したわけです。

続編の「SECOND STAGE 干支忍編」は、未完に終わった本作の正真正銘の「続き」として描かれています。

そのため、もし「NINKU -忍空-」に興味を持たれた方は、まず本作の全9巻を読み終えてから、続編に取りかかることをオススメします。

その方が、「1つの作品」として楽しめますので。

 

 

さて、そんな本作「NINKU -忍空-」は電子書籍化されています。

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト「ebookjapan(イーブックジャパン)」で試し読みが可能。

「NINKU -忍空-」に興味を持たれた方は、下の公式サイトを覗いてみてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

また、ebookjapan(イーブックジャパン)についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせて参考にしてくださいね。

おすすめの電子コミックサイト【ebookJapan(イーブックジャパン)】電子漫画の品揃えNo.1!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍サイト。 特に、コミックス(漫画)の品揃えはNo.1と言われており、多くのユーザーが利用するメガコミックサイトです。 さらに、Yahoo!Jap...

 

テキストのコピーはできません。