ちょっとニッチなマンガやアイテムの情報をお届け

パンチラ漫画の元祖!【ホールインワン/鏡丈二:金井たつお】は爽やかなお色気がおすすめのゴルフ漫画

名作マンガ(昭和)

今回は、当サイトでも何度か紹介している1970年代の名作漫画を紹介します。

その名も「ホールインワン」。

タイトルだけでゴルフ漫画と分かる週刊少年ジャンプで連載されていた作品ですね~。

 

その名のとおり、内容は「ゴルフ漫画」なんですが…。

コメディと爽やかなお色気が加味されて、当時流行った熱血スポ根漫画の色が薄らいでいます。

リアルではない「いかにも漫画的なゴルフ」が展開され、ゴルフに詳しくない人でも楽しく読むことができますよ。

こういう作品こそアニメにしたら面白いと思うんですけど、ついぞ映像化はされなかったようですね…。

 

1970年代の作品ですが、古臭さを感じさせない金井先生の作画も魅力のひとつ。

今回の記事では、そんな「ホールインワン」のおすすめポイントを紹介していきます。

金井たつお先生の描く可愛らしい女性キャラクターのお色気シーンは必見ですよ。

 

ホールインワンの作品データ

【作品概要】

貧乏なゴルフ好きの少年がスポーツ名門校に入学し、ゴルファーとして成長していく姿を描くゴルフ漫画。

良い意味で「漫画としてのゴルフ」を描いた名作であるとともに…。

少年漫画史に残るパンチラ漫画の元祖でもあります。

 

【作品データ】

作品名ホールインワン
作者作:鏡丈二、画:金井たつお
連載誌週刊少年ジャンプ(集英社)
連載期間1977年(昭和52年)~1979年(昭和54年)
単行本全13巻(文庫版は全8巻)
電子書籍あり

 

ホールインワンのストーリー&登場人物

以前に紹介した「包丁人味平」の記事でもちょっと触れましたけど。

わたしには6つ離れた兄貴がいまして、本作「ホールインワン」もその兄貴の漫画コレクションのひとつでした。

型破りでまっすぐな主人公。

多彩なライバルや仲間たち。

可愛い女性キャラクター。

そしてゴルフで展開されるバトル。

このあと黄金期を迎える週刊少年ジャンプの基礎は、このくらいの年代の作品によって築かれたのでしょうね。

 

それでは早速、「ホールインワン」のストーリーと主な登場人物を紹介します。

本作は、母親と2人で暮らす主人公・戸橋矢一(とばし やいち)少年が、スポーツの名門校である「東京明華学園(中学校)」を受験するところから始まります。

 

お母さんがゴルフ場のキャディーの仕事をしている関係で、幼い頃からアシスタントプロ(プロゴルファーの予備軍)にゴルフを教わっていた戸橋くん。

ゴルフのセンスはあるものの、まだまだ粗削りでボールを遠くに飛ばすことしか能がありませんでした。

戸橋くんは、明るく前向きでまっすぐな性格の少年。

さらにスケベでお調子者ですが、お母さん想いの優しい少年という一面も持っています。

典型的な少年漫画の主人公タイプですね~。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

本作品では、この戸橋少年が東京明華学園のゴルフ部に入部し、仲間に助けられながらライバルたちと戦い(もちろんゴルフで)、ゴルファーとして成長していく姿が描かれています。

ただし、こういった作品では「数々の戦いをへて、主人公がゴルファーとしても人間としても成長していく姿」が描かれるのが一般的。

ですが。

本作に限っては人間的に成長するという部分は、ほとんど見られません。

 

確かにゴルファーとしての戸橋くんはどんどん成長していきます。

でも人間としての戸橋くんは、最初から最後まで「戸橋くんのまま」なんですね。

というのも、本作はコミックスが全13巻刊行されていますが、時間軸としては最後のエピローグを除き、すべて「中学1年生」の戸橋くんが描かれているから。

つまり作中での時間の流れは「1年間」なんです。

なので人間的にはほとんど成長していないのですね、戸橋くんは。

そういった面から本作は、「ゴルフのバトルを楽しむ漫画」として読んでもらったほうがイイでしょう。

 

そんなゴルフバトル漫画は、「第1部」と「第2部」の2つのストーリーで構成されています。

  1. 第1部
    • 東京明華学園内でのゴルフ大会(理事長杯)の戦い。
  2. 第2部
    • 全国にある明華学園のゴルフ部が一同に介して行われる全国大会の戦い。(明華学園は全国に系列の学校がある)

 

そして第1部・第2部ともに、ストーリーを盛り上げてくれる素晴らしい脇役が登場します。

第1部で登場する名脇役は、安保利和(あんぽ としかず)くん。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

戸橋くんより1学年上のゴルフ部員なのですが、ゴルフの腕前は今一つ。

しかし頭脳明晰で、特に数学(理工系)の分野に関しては突出した才能を持っています。

戸橋くんのゴルフの才能にほれ込み、理事長杯では戸橋くんのキャディーとして一緒に戦うことになる安保くん。

緻密な計算により芝目をよみ、パットの苦手な戸橋くんを大いに援護しますよ。

でも、第1部の最後で…。(詳しくは本編をお読みくださいね♪)

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

続いては、第2部の全国大会編で登場する名脇役。

東京明華学園ゴルフ部の副キャプテン・立花誠(たちばな まこと)くんです。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

全国にある明華学園ゴルフ部の中で、実力No.1の選手。

戸橋くんよりも2学年上の3年生で実力も1番でありながら、ある事情によりキャプテンではなく「副キャプテン」の座に甘んじています。

実は立花くんには、振り払わなければならない壮絶な過去がありまして。

それが彼の足かせとなっているんですね~。(詳しくは本編で♪)

なお、立花くんは第1部から登場しますが第1部ではさほど活躍しません。

その代わり第2部の中盤以降、準主役的なキャラクターとして描かれます。

 

このほかにも戸橋くんを応援してくれる仲間や、強力なライバルたちが登場。

果たして戸橋くんは、理事長杯・全国大会を勝ち抜けるのでしょうか?

そしてどのようなゴルフを我々に魅せてくれるのでしょうか?

というのが、ストーリーの見どころになります。

 

ちなみに戸橋くんは、作中でさまざまなアイデアショットを披露。

彼の奇抜なアイデアショットとそれを可能にするゴルフセンスも、本作の大きな見どころと言えますね~。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

ホールインワンのおすすめポイント(可愛い女性キャラのパンチラ)

さて、本作のおすすめポイントは上で紹介した「ゴルフのバトルを楽しむ」以外に、もうひとつあります。

正直、こちらの方がおすすめポイントとしては大きいと言ってイイでしょう。

 

それが、「パンチラ」です。

 

本作に出てくる女性キャラはゴルファーが多いので、ヒラヒラのミニスカを履いていることがほとんど。

ということは、必然的にパンチラシーンも多くなることはお分かりいただけますよね。

こんな⤵感じで。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

ただ本編を読んでいただければ分かりますが、お色気シーンも「エロっ!」という感じではありません。

何とも言えぬ爽やかなお色気が醸し出されています。

これは作画を担当されている金井先生の作風ですかね~。

エロっ!というよりもエッチ!という感じのパンチラになっています。

金井先生は、元祖・パンチラの神様と言われるくらい女性の下着と下半身を描くのがお上手ですから。

 

そこで、本作のお色気シーンを支えている主要な女性キャラを紹介して、締めくくりたいと思います。

 

おすすめ女性キャラ①【姿麗花(すがた れいか)】

第1部のヒロイン「れーかちゃん」こと姿麗花。

東京明華学園の体操部に所属しています。

ゴルフ部ではないためパンチラシーンは少ないですが、可愛らしいレオタード姿も拝めます。

なお戸橋くんの彼女ですが、第2部にはほとんど登場しません。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

おすすめ女性キャラ②【波多野恵子(はたの けいこ)】

第2部のヒロインである「はたちゃん」こと波多野恵子。

札幌明華学園のゴルフ部に所属する、れーかちゃんにそっくりな少女です。

ゴルフの腕前も相当なものですよ。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

先ほどのれーかちゃんとはたちゃんはうり二つで、ともに戸橋くんに好意を持っています。(というかれーかちゃんは彼女)

でもラブコメじゃないので作中で2人が出会うシーンはありませんし、戸橋くんをめぐる修羅場なんかもありません。

登場シーンはれーかちゃんよりはたちゃんのほうが多いですかね。

 

おすすめ女性キャラ③【鈴木さん】

上記はたちゃんのキャディーを務める「鈴木さん」。

チョイ役なので下の名前は不明ですが可愛いので…。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

左の「グレートショットーっ」が鈴木さん、右がはたちゃん。

こういうパンチラシーンが本作にはかなり多いです。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

おすすめ女性キャラ④【伊達美華(だて みか)】

明華学園理事長の娘さんでゴルフ部のキャプテンでもある伊達美華さん。

高飛車でわがままなお嬢様として、全編つうじて「嫌われ役」を演じます。

ただしゴルフの腕前は一流。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

おすすめ女性キャラ⑤【お色気担当の2人】

最後は、本作のお色気担当の女性キャラ2名。

「デカプリン」こと佐々木香織(ささき かおり)と「メガネ」こと岡本さん(名前不明)。

2人ともゴルフ部に所属していますが、作中では典型的な「盛り上げ役」として大活躍。

残念ながらゴルフでは活躍しません。

歌っているのが「ピンクレディー」⤵なのが泣かせますね。

(©鏡丈二、金井たつお ホールインワン)

 

 

ということで今回は、1970年代の名作ゴルフ漫画「ホールインワン」のおすすめポイントを紹介しました。

基本的には主人公・戸橋くんのゴルフバトルを楽しみつつ、かわいい女性キャラのお色気シーンを愛でる漫画です。

なので「リアルな本格的ゴルフ漫画」だと思って読まないでください。

必ず期待を裏切られます。

 

その代わり「良い意味でリアル感のないゴルフ漫画」「爽やかなお色気漫画」が合体した作品だと思って読んでください。

そうすれば、必ずあなたの期待に応えてくれる「名作」となるでしょう。

 

 

さて、そんな本作「ホールインワン」は電子書籍化されています。

わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト「ebookjapan(イーブックジャパン)」で試し読みが可能。

「ホールインワン」に興味を持たれた方は、下の公式サイトを覗いてみてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

また、ebookjapan(イーブックジャパン)についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせて参考にしてくださいね。

おすすめの電子コミックサイト【ebookJapan(イーブックジャパン)】電子漫画の品揃えNo.1!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍サイト。 特に、コミックス(漫画)の品揃えはNo.1と言われており、多くのユーザーが利用するメガコミックサイトです。 さらに、Yahoo!Jap...

 

テキストのコピーはできません。