ちょっとニッチなマンガやアイテムの情報をお届け

【HELLSING外伝・THE DAWN/HELLSING・快楽天版】名作漫画「HELLSING」の番外編2作品を紹介します

おすすめマンガ

こんにちは、PANDRAです。

今回は、以前に紹介した「HELLSING」の番外編2作品を紹介します。

 

1つは未完の作品で、HELLSINGの外伝として描かれているTHE DAWN(ザ ドォーン)」。

 

もう1つは、HELLSINGの連載前に「COMIC快楽天」で読み切りとして掲載された作品である「HELLSING(タイトル同じ)」。

 

どちらも現在では希少な存在となっている漫画で、外伝に至っては完結するかどうかも定かではありません。

ただ、official guide bookやアニメなどと同じく「HELLSINGをもっと楽しみたい!」という方にとっては堪らない作品となっています。

 

最初にHELLSINGの外伝「THE DAWN(ザ ドォーン)」を、次に読切作品の「HELLSING(タイトル同じ)」を紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

なお、以前に紹介した「HELLSING(本編)」に関する部分は改めて説明しませんので、できれば下の記事を先にお読みいただけると助かります♪

最強&最凶のダークヒーロー漫画!【HELLSING(ヘルシング)/平野耕太】のおすすめポイント
こんにちは、PANDRAです。 今回は、独特の世界観と作風を持つ平野耕太先生の代表作「HELLSING(ヘルシング)」を取り上げます。 イイですねぇ、こういうトチ狂った漫画は大好きです。 とにかく戦います、撃ちます...

 

HELLSING外伝・THE DAWNの紹介

【作品概要】

ヘルシング家の執事である「ウォルター・C・ドルネーズ」の若き日の姿を描いた番外編。

第1話~第6話まで描かれていますが、作品としては未完成の状態です。

今後、続きが描かれるかどうかは今でもファンの注目らしいですが…。

もう描かれないでしょう…。

 

【作品データ】

作品名HELLSING外伝・THE DAWN
作者平野耕太
連載誌ヤングキングアワーズ増刊(少年画報社)
連載期間2002年(平成14年)~2006年(平成18年)
単行本なし(小冊子あり)
電子書籍なし

 

 

本作「HELLSING外伝・THE DAWN」の主人公は、本編でも人気の高かったヘルシング家の老執事・ウォルターです。

(©平野耕太/HELLSING 第3巻)

 

本編の記事では、この老執事についてほとんど触れませんでしたので、ここで簡単にご紹介を。

「ウォルター・C(クム)・ドルネーズ」は、先代ヘルシング卿の時代からヘルシング家に仕える老執事で69歳。

かつては「死神」の異名を持ち、ヘルシングに欠かせない戦力として化物退治を行っていたウォルター。

しかし、そんな彼も老いには勝てず、今ではインテグラの傍らでヘルシングの内務一切を取り仕切っています。

ただ、ヘルシング本部がミレニアムの急襲に遭った際には、化物どもの侵入を防ぐためセラスとともに武装グループを一掃するなど、死神健在と言える働きを見せます。

そんなウォルターの武器は「極細の鋼線」。

これを自在に操ることであらゆる物を切断し、時には銃弾や斬撃を防ぐ盾としても活用します。(巨大なビルとかも粉々に切り刻むことができちゃいます)

(©平野耕太/HELLSING 第5巻)

 

このウォルターなるおじいさん、確かに本編でも魅力的な人物として描かれているのですが…。

ミレニアムとの戦いが本格化する直前に、ある理由によりヘルシングを裏切り、ある方法により全盛時の姿に若返ってインテグラとアーカードの前に立ち塞がります。

(©平野耕太/HELLSING 第9巻)

 

実はわたし、この設定(展開)があまり好きではなくて。

あくまでも「老執事のウォルター」として最後まで描いて欲しかったというのが本音。

老成した何とも言えない男性の魅力が醸し出されているウォルターが好きだったので、その点は残念でした。

ちなみにウォルターは正真正銘の人間です。(ヘルシングを裏切って若返るまでは)

そして大方の予想通り「最期は…」、という感じで本編での役目を終えることになります。

 

 

で、本作「HELLSING外伝・THE DAWN」です。

タイトルにある「DAWN」とは、夜明け・始まり・兆しといった意味を持つ単語で、その意味どおり、本編のストーリーの発端となるヘルシングとミレニアムの出会い(ウォルター&アーカードと少佐の出会い)から描かれています。

 

時は1944年、舞台はワルシャワ。

ヘルシング家の執事兼ヘルシングの最高戦力の「人間」として活躍する血気盛んなウォルター少年は、イギリスに迫るナチスの脅威を一掃すべくグール退治に向かいます。

大胆不敵にも敵のアジトへ正面から突入するウォルター少年。

しかし突入した部屋には、食事中の少佐(ミレニアムのボス)と狂気の博士(ミレニアムの研究者)、そしてミレニアムの最高戦力である大尉が陣取っていました。

(©平野耕太/HELLSING外伝・THE DAWN)

 

見知らぬ少年の乱入にも平然と食事を続ける少佐。

その姿にムカついた血気盛んなウォルター少年は、騒ぎを聞きつけて現れたザコどもを一掃しながら、少佐の命を狙います。

ところが。

自信満々で仕掛けた彼自慢の「極細の鋼線」は、いとも簡単に大尉に防がれてしまうのでした。

この後、ウォルター VS 大尉の戦いが描かれ、ウォルターが殺られそうになったところでアーカードが登場。

(©平野耕太/HELLSING外伝・THE DAWN)

 

その間に少佐はとっとと部屋から出て行ってしまいます。

少佐を追うアーカード、大尉と戦うウォルター。

ここから本編のストーリーに繋がる「DAWN」が描かれる…はずだったのですが。

 

外伝のストーリーはここまで。(第1話~第6話まで、現時点では未完)

 

第6話が掲載されたのが2006年(平成18年)ですから、もう15年くらい続きが描かれていないことになりますね。

 

本編の記事でもお話ししましたが、この漫画のストーリーには「謎(理解がむずかしい部分)」があって、それらの謎につながるストーリーとしてわたしをはじめファンの方々が大いに期待していた作品でした。

個人的にはもう続きが描かれることはないのでは?と思っているのですが、「FSS」みたいな漫画もありますからね。

何とか、区切りのいいところまでは完結させて欲しいなとも思っています。(願望です)

 

そんな本作「HELLSING外伝・THE DAWN」は、本編のコミックスにも未収録でかつ単行本化もされていません。

しかし、本編が連載されていた「ヤングキングアワーズ」の2012年2月号の付録として、雑誌連載された全話を収録した冊子が刊行されています。

非売品ですが一部のショップでは取り扱っているところもありますので、興味のある方は本記事の最後をご覧くださいね♪

 

HELLSING・快楽天版の紹介

【作品概要】

成人向け漫画雑誌に掲載された読み切り作品です。

内容は本編の第1話とほとんど同じであり、登場する女の子がセラスではなく「ユーリ」という名前になっています。

また、「アーカード」も「アルカード」という名前で登場しますよ。(見た目は、本編のアーカードとほぼ一緒)

 

【作品データ】

作品名HELLSING
作者平野耕太
連載誌COMIC快楽天(ワニマガジン社)
連載期間1996年(平成8年)10月号
単行本なし
電子書籍なし

 

 

上にも書いたとおり、1話の読切である本作は女の子・ユーリが吸血鬼に捕まりエロいことをされちゃうお話。

それをアーカード(アルカード)が助けて、ユーリは吸血鬼にという本編の第1話と同じ展開になっています。

※ ユーリが血を吸われるのは、アーカードではなく襲われた吸血鬼。

(©平野耕太/HELLSING COMIC快楽天 1996年10月号)

 

え~、以上です。

 

まぁ、こちらの作品は本当にオマケのようなものでして…。

コミックスにも収録されていませんし「成人向け」のエロ漫画です。

ですから、先ほどの外伝の小冊子以上に手に入りづらい作品だと言えるでしょう。

ただ、当時の「COMIC快楽天」がネットオークションなどで出品されることもありますし、一部のショップで販売していることもあります。

どうしても欲しいというコアなファンの方は、これらを活用してみてくださいね♪。

(©平野耕太/HELLSING COMIC快楽天 1996年10月号)

 

 

ということで今回は、人気漫画である「HELLSING」の番外編として2つの作品を紹介しました。

アニメ化もされ海外でも評価されている本作は、漫画としてすでに完結した作品です。

外伝の続きについても、描かれるか・描かれないかは分かりませんが…。

世の中には他にもおもしろい漫画がたくさんありますので、それらを読みながら気長に待つことにしましょう。

 

ちなみに、おもしろいマンガを探すならわたしがふだん利用している電子書籍通販サイト「ebookjapan(イーブックジャパン)」をおすすめします。

下のリンクから公式サイトへ飛べますので、あなたの好きな作品を探してみてください。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

また、ebookjapanについては下の記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、こちらもあわせて参考にしてくださいね。

おすすめの電子コミックサイト【ebookJapan(イーブックジャパン)】電子漫画の品揃えNo.1!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍サイト。 特に、コミックス(漫画)の品揃えはNo.1と言われており、多くのユーザーが利用するメガコミックサイトです。 さらに、Yahoo!Jap...

 

 

前述したとおり、今回紹介した2作品は特異な形態の漫画ですので、いずれも電子書籍化されていません。(さらに、一般の書店では手に入りません)

もし今回紹介した作品に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、下記のサイトで販売状況などをチェックしてみてください。

駿河屋でチェックしてみる

 

駿河屋でチェックしてみる

 

テキストのコピーはできません。