日常生活に役立つアイテムや生活用品を紹介!

横向き寝専用まくら【YOKONE3(ヨコネ3)】|横向きで寝て肥満を解消!口コミ評価もチェック!

横向き寝専用まくら【YOKONE3(ヨコネ3)】|横向きで寝て肥満を解消!口コミ評価もチェック!生活&雑貨

筋トレやフィットネス、ランニング、

しっかりサプリも飲んでいる。

 

このように体づくり、健康づくり、

そしてダイエットに励んでいる方も

多いかと思います。

 

 

でも…。

 

その割には「体重が落ちないな?」、

「逆に太ってる?」と悩んでいる方、

いらっしゃいませんか?

 

もしかしたらその原因は、

あなたの睡眠にあるのかもしれませんよ。

 

太っているから眠れないのか?眠れないから太るのか?

太り過ぎや肥満が、

睡眠の問題を引き起こすことは

よく知られています。

 

ところが、これには誤解があります。

 

「肥満 ⇒ 不眠」ではなく

「不眠 ⇒ 肥満」というのが正しい認識。

 

 

某国立大学の名誉教授の先生によると

肥満の元が不眠であるというデータが、

アメリカではたくさん出ているそうです。

 

 

それって、起きている時間が長いと、

つい何か食べちゃうから?

 

確かに起きている時間が長くなると、

ついつい食事や夜食の回数が増えてしまいがち。

 

ただ、その「ついつい食べちゃう」

という行動自体が、睡眠不足によるものなんです。

 

 

こんなデータがあります。

健康な成人男性1,024人を対象に、

睡眠時間と食欲に関する

ホルモンの関連を調べた報告。

 

この報告によると、

睡眠時間が短くなるとレプチン

(食欲抑制ホルモン)の分泌が低下。

 

グレリン(食欲増進ホルモン)の分泌が

増えることが示されています。

 

つまり、睡眠時間が短いと

食欲に関するホルモンのバランスが乱れて

食欲が増進。

 

その結果、

肥満につながりやすいと考えられます。

(引用:武田薬品工業㈱より)

 

 

さらに太っている人は、

食後にコルチゾール(睡眠を阻害するホルモン)

の分泌が大幅に増えるという報告もあります。

 

 

いかがですか?

お分かりいただけましたか?

 

 

あなたが運動をしてもサプリを飲んでも

体重が変わらない(増えている)原因は、

睡眠不足によるものかもしれないということが。

睡眠不足で悩む女性

 

横向きに寝よう!

では、毎日あなたが行っている

運動やサプリの摂取が報われるには、

どうしたら良いのでしょうか?

 

ここでは、その方法をお教えします。

 

 

その方法とは…。

 

 

横向きで寝ること。

 

 

これだけです。

 

 

人は、眠っている間に

呼吸を4,000回ほどすると言われています。

 

横向きで寝ると、

この呼吸の気道が確保されやすいんです。

 

仰向けに寝るよりも。

 

 

寝ている間にしっかり呼吸をすることは、

脳に十分な酸素を送ることにつながります。

 

そうすることで、身体と脳の疲れが取れ、

質の良い睡眠を確保できるのですね~。

 

 

また、横向きに寝るメリットは他にもありまして。

 

胃の出口を下にすることで消化が良くなり、

内臓の負担が減るんです。

 

これも不眠による肥満を防ぐための

ひとつの根拠となります。

 

 

さぁ、あなたも

今日から「横向き」で寝て、

肥満を防止しましょう!

横向きで安眠する女性

 

寝ている間に仰向けになっちゃう!?

寝ている間に必ず行うことに

「寝返り」があります。

 

睡眠中の寝返りには体の歪みを治す効果があり、

まったく寝返りをしないと

腰や背中などが一晩中、

体重の重みで圧迫されます。

 

その結果、血流が悪くなり

腰痛や肩こりが発生してしまうこともあるのです。

 

 

でも寝返りは、

自分でコントロールできませんよね。

 

 

そりゃそうです。

本人は夢の中ですから。

 

そのため、

寝返りをして仰向けのまま寝てしまい

そのまま…なんてことも。

 

 

寝入る時は横向きで寝ていても、

起きたときは仰向けだった

なんてことありませんか?

 

わたしも寝入る時は

絶対に横向きで寝ないとダメなんです。

 

でも夜中に自分が

どんな姿勢で寝ているのか知りません。

 

もしかしたら、

ずっと仰向けで寝ているのかもしれませんし…。

 

 

なので横向きで寝続けるためには、

寝返りをうっても

横向きの姿勢をキープし続ける必要があります。

 

 

そんなことできるの?

 

普通はムリです。

 

でも…。

 

 

それができる方法が、たった一つだけあるんです。

仰向けで寝ている男性

 

枕を変えよう!

その方法とは、枕を変えること。

 

常に横向きがキープできるように作られた

枕を使って寝ればOKってことですね。

 

 

そんな枕あるの?

 

普通の枕ではムリです。

 

でも…。

 

それができる枕が、あるんです。

YOKONE3(ヨコネ3)で横向きに寝る男性

 

 

それが『YOKONE3(ヨコネ3)』

 

もうネーミングからして

「ヨコネ(横寝)」ですから。

 

一発で横向きに寝るための枕だと分かりますね。

 

 

横向き専用の枕ヨコネ3は、

低反発の素材で

あなたにフィットした形状に柔軟に変化。

 

フィット感を追求し、

頭の重みを効率よく分散させる

リラックスウレタン素材を使用。

 

理想の固さを実現しています。

 

 

実は、単に「横向きに寝る」と言っても、

頭だけを乗せて首から肩は宙に浮いた状態

では体によくないんです。

 

宙に浮いた状態を維持するために

筋肉を緊張させ続けなければならず、

睡眠中も疲れてしまうんですね~。

 

だから、たっぷり寝たつもりでも、

熟眠感が得られないなんてことになります。

一般の枕で横向きに寝ると姿勢が悪くなる

 

 

その点、横向き専用に開発されたヨコネ3なら、

首や肩もしっかり支えて熟眠することが可能。

 

起床時のスッキリ感をも得ることができます。

 

 

重心(背骨)が真っすぐなままなので、

身体に負担がかからない構造になっています。

特許出願中の技術。
※ 頭・首・肩・腕の4点をしっかり支える。

YOKONE3(ヨコネ3)で横向きに寝て背骨が真っすぐな男性

 

 

「枕を変える」

 

ただそれだけで、快適な睡眠が手に入ります。

 

そして、肥満を防ぐこともできるのです。

 

YOKONE3(ヨコネ3)のメリット

さて、横向きに寝るため専用に開発された

『YOKONE3(ヨコネ3)』ですが、

具体的には、次のような方々におすすめします。

 

  • なかなか痩せられない方
  • 運動やダイエットの効果が出にくい方
  • 睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる方
  • イビキに悩んでいる方
  • 眠っても疲れが取れない方
  • 首こり、肩こりや腰痛がある方
  • 逆流性胃炎の方
  • 体が大きい方
  • オーダー枕で失敗した方
  • 睡眠の質をあげたい方 など

 

 

睡眠と肥満の関係については上でお話ししました。

 

なのでここでは、

睡眠不足がもたらすその他の悪影響について

ヨコネ3を使うメリットとともに

簡単にお話ししていきます。

 

睡眠不足は血行不良や代謝の低下を招く

きちんと睡眠を取ると、

寝ている間に筋肉がゆるみ血液が全身を巡ります。

 

しかし睡眠不足だと

血液が全身を巡る時間が短くなってしまいます。

 

 

そうなると全身に酸素が運ばれず、

冷えや代謝の低下、首こり、肩こりに

つながってしまうのです。

 

 

身体が十分に回復されないので運動機能が低下。

疲れも取れず、

いつもけだるい状態が続いてしまいます。

 

 

ヨコネ3で、

きちんと横向きで質の良い睡眠をとる。

 

これは肥満だけでなく健康にも良いのです。

 

睡眠不足は逆流性食道炎を招く

寝られないので夜遅くまで起きている。

そして、ついつい何かつまんでしまう…。

 

これが睡眠不足と肥満の関係の一つ

であることは、すでにお話ししました。

 

加えて、夜遅くの食事は、

肥満だけでなく胃酸分泌を促進し

「逆流性食道炎」を

引き起こすこともあるのです。

 

 

逆流性食道炎患者の半数程度が、

何らかの睡眠障害で悩んでいる

という医学的データもあります。

 

 

さらに、背骨が曲がった姿勢で寝ることは

お腹の圧を高め、胃酸の逆流の原因になります。

 

もっと良くないのは、うつ伏せで寝ること。

うつ伏せは胃の圧迫を加速させます。

 

 

ヨコネ3を使って正しい姿勢で寝ることは、

「逆流性食道炎」を防ぐ効果もあるのです。

 

体が大きい人ほど横向きで寝るべし

体が大きい人は頭も重い傾向にあります。

 

そのため頭が枕に沈みやすく、

うまく寝返りができないという傾向も。

 

寝返りができないと

腰痛・首こり・肩こり・ムレなどが発生。

 

質の良い睡眠には程遠い状態と言えるでしょう。

 

 

また体重が重い人は、

睡眠時に気管支が塞がれやすいので注意が必要。

 

仰向けで寝ると気道が狭くなり、

いびきをかきやすくなってしまうんですね。

 

いびきは、本人だけでなく

一緒に寝ている方の安眠の妨げにも…。

 

 

あなたと大切な人の安眠を守るためにも、

今すぐ枕をヨコネ3に変えて横向きに寝ましょう。

 

高い枕は睡眠時無呼吸症候群を招く

なんかちょっと枕が高いなぁ。

でも寝られてるから大丈夫だろう…。

 

こういう状態が一番危険です。

 

寝ている間は、

自分の身体を自分でコントロールできません。

 

枕が高いと、不自然に頭部が持ち上げられ、

舌根沈下と呼ばれる状態になることがあります。

 

舌の根元が気管支を塞ぎ、

呼吸をしにくくしてしまう状態ですね。

 

 

これが「睡眠時無呼吸症候群」。

 

睡眠時無呼吸症候群は、

突然死につながる恐れもある怖い症状です。

 

 

あのとき枕をヨコネ3に変えておけば…。

 

悔やんでも悔やみきれません。

 

 

なお、睡眠時無呼吸症候群と

ヨコネ3との関係については

下の記事で詳しく解説しています。

 

体型に合わない枕は疲れの原因になる

体型に合わない枕は疲れの原因となります。

  • 首が無理な形に曲がる
  • 痛みの原因にもなる
  • 睡眠時に呼吸がし辛い
  • 首や顔のシワが増えてしまう
  • 顔がムクんでしまう
  • 心臓より低い頭の位置は血液の悪循環になる

 

ぐっすり寝たのに体調が悪い。

 

それはあなたが「ぐっすり寝た」と

思い込んでいるだけ。

 

 

本当にぐっすりと質の良い睡眠をとるためには…。

 

もう言わなくても分かりますよね。

 

YOKONE3の公式サイトを見に行く

 

YOKONE3(ヨコネ3)の評判は?(口コミ)

ということで、肥満と睡眠の関係から

横向きで寝ることの重要さを解説しました。

 

最後に、横向き寝専用枕・YOKONE3の

口コミを掲載して終わりたいと思います。

 

利用者のリアルな評価なので、こちらもご参考に。

眠るとき無呼吸で悩んでいました。

 

横向きで眠ると無呼吸が改善される

と分かったので、

こちらの商品を購入してみました。

 

枕を購入してから

横向きでゆっくりと眠ることができ、

無呼吸も改善されました。

 

以前と比べて熟睡できるようになったので

良かったです。

以前も自分に合った枕を探して、

某ショッピングサイトで1番売れた枕や、

たわしの形状の健康枕を使ってみました。

 

決して安くは無い買い物だった割に

効果は?今ひとつ。

 

こちらは返品も可能との事で

思い切って購入したところ、

横向き寝のわたしにはピッタリでした!

 

何しろ肩のこりや寝返りが減り、

家人からはイビキをほとんどかかなくなった

と言われました。

 

枕難民でしたが、

やっと良い枕に出会えて嬉しいです!

 

お値段も先述の枕よりリーズナブルでした。

購入後、約1週間経ちますが、

私の場合、

いびきは全く改善されませんでした。

 

いびきアプリの数値がえらいことに。

 

また、横向きに寝るには高さが足りないし、

柔らかすぎると思います。

 

色んなところで評価が高かったのに残念です。

前と後ろで高さが違うのですが、

元々が低いので

どちらを使っても横寝には不向きでした。

 

高い方を使った場合、出っ張りが気管を塞ぎ、

いびきが出るようになりました。

 

ただ高いだけの枕ですね。

柔らかさと横向きでの高さがちょうどよく、

もう他の枕が使えなくなるほど良い枕です。

 

私に合っているだけかもしれませんが。

 

仰向けやうつ伏せで寝ても

とてもフィットします。

 

この枕に慣れてしまい、

旅行先などであまり安眠できず

苦労してしまうようになりました…。

いびきが酷い主人の為に購入しました。

 

主人のイビキもなくなり、眼から鱗です。

 

本人も今まで使った枕の中で

一番いいと言っていました。

 

私も使ってみたら、

横寝がしやすく気持ちがいいです。

 

お値段以上の価値があると思いました。

 

YOKONE3の公式サイトを見に行く

 

テキストのコピーはできません。