ちょっとニッチなマンガやアニメの情報を紹介

【ナマケモノが見てた/村上たかし】ブラック&シュールな笑いの名作短編ギャグマンガ

名作マンガ(昭和)

今回紹介するのは、「ヤンジャン」で連載されていた動物ギャグ漫画「ナマケモノが見てた」です。

ジャンル的には「短編漫画」って言うんですかね?

1ページ弱の漫画なので4コマとはちょっと違うんですよね。

ま、どっちでもイイのですが、内容的には以前紹介した4コマ漫画江戸むらさき特急に勝るとも劣らない傑作。

 

「江戸むらさき特急」と本作とでは、表面的な作風は全く違います。

でも卓越したギャグセンスとシュールな笑いが基本なのは一緒(下ネタが多いのも一緒)。

今回の記事では、そんな短編ギャグマンガの名作「ナマケモノが見てた」のおすすめポイントを紹介していきます。

 

ナマケモノが見てたの作品データ

【作品概要】

擬人化された動物たちが繰り広げるギャグマンガ。

4コマ風の短編漫画で、「アニマルギャグ」が炸裂します。

ちなみにアニメ化もされていますよ。

 

【作品データ】

作品名ナマケモノが見てた
作者村上たかし
連載誌週刊ヤングジャンプ(集英社)
連載期間1987年(昭和62年)~1989年(平成元年)
単行本全11巻
電子書籍あり

 

ナマケモノが見てたのおすすめポイント(登場キャラクターと多彩なギャグ)

本作「ナマケモノが見てた」は、架空の動物村を舞台に擬人化された動物たちが活躍する「短編ギャグマンガ」です。

絵柄だけ見ると「ほのぼの系」の漫画かと思ってしまいそうですが…。

そんなことは全くありません!

全編「ギャグ」です!

 

ヤギ・アライグマ・コアラ・ゾウ・イボイノシシ・モグラ・ゴリラ・アルマジロ・オオサンショウウオ・ウシ・リス・キツネ・クマ・リスザル・タヌキなどなど。

多彩な動物たちが「アニマルギャグ」を披露してくれます。

 

この漫画に「主人公」と呼べる存在はいません。

ですが、あえて言うなら次の3人(3頭?)が主要な登場人物と言えるでしょうか。

  • ヤギ先生
    • 動物村の中にある動物学校の先生で、メガネをかけたヤギ。
    • おそらく登場回数は1番多いと思います。
  • 高山
    • 動物学校の生徒であるコアラ。
    • 基本的にボケ担当です。
  • 村田
    • 同じく動物学校の生徒。
    • ちょっと冷めた感じの子供のゾウです。

 

作中では、動物村の動物学校の様子や、動物学校の先生・生徒が登場する話が多くなっています。

その中でも、上記の3人(3頭)は中心的な存在で出番も多いため、一応「主人公的な存在」なのかなと思います。

基本的には、コアラとゾウがボケてヤギがツッコむ感じ(逆のパターンもあり)。

作者の村上先生は大阪の出身だそうで、吉本新喜劇風の笑いのパターンも多いですね~。

 

ちなみに「ナマケモノが見てた」は電子書籍化されているため、多くのマンガサイトで「試し読み」をすることができます。

「江戸むらさき特急」の記事でも書きましたが、ギャグマンガは絶対に試し読みをしたほうがイイです。

特に4コマや短編漫画は、試し読みでもその作風や面白さを十分に感じることができます。

(©村上たかし/ナマケモノが見てた 第8巻)

 

また、その他の特長的なキャラクターとして、以下のような人たち(動物)も登場します。

  • アライグマ一家
    • お父さん・お母さん・子供の3人家族。
    • 極貧の一家でちょっとブラックな笑いを提供してくれます。
  • ミサ子先生
    • 動物学校の保健医をしているホッキョクギツネ。
    • 本作唯一と言ってもいいヒロイン的存在。
    • 下ネタのフリに使われてしまうことも…。
  • タヌキの親子
    • 父親と子供のタヌキの親子です。
    • 父親のキ〇〇マの大きさからよく下ネタにされます。

 

本作「ナマケモノが見てた」は、シュールなギャグから「ぷっ」と噴き出してしまうような笑い、そして爆笑してしまうネタまで。

多彩な笑いを提供してくれるのですが、中でもおすすめなのが「ブラックなネタ」と「下ネタ」。

ブラックなネタはちょっと笑えない部分もあるのですが、わたし的に下ネタは「ツボ」でしたね~。

こんな⤵感じに。

(©村上たかし/ナマケモノが見てた 第5巻)

 

本作はコミックスが全11巻刊行されていますので、前掲した「試し読み」の画像はほんの一部。

まだまだ笑える要素がたくさん詰まっていますので、興味を持たれた方は「試し読み」から本作に触れてみてください。

ちなみに、わたしが一番好きなキャラは「子熊のブッピーちゃん」。

ブッピーちゃんがどんなキャラかは、ご自身で確認してくださいね。(試し読みでも確認できますよ)

 

 

そんな「ナマケモノが見てた」は、わたしがふだん利用している電子書籍通販サイト「ebookjapan(イーブックジャパン)」で試し読みができます。

興味を持たれた方は、下の公式サイトで試し読みしてくださいね。

 

ebookjapanの公式サイトを見に行く

 

また、ebookjapanについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

よろしければ、あわせて参考にしてください。

おすすめの電子コミックサイト【ebookJapan(イーブックジャパン)】電子漫画の品揃えNo.1!
『ebookJapan(イーブックジャパン)』は、60万冊以上の品揃えを誇る電子書籍サイト。 特に、コミックス(漫画)の品揃えはNo.1と言われており、多くのユーザーが利用するメガコミックサイトです。 さらに、Yahoo!Jap...

 

おまけ(本作にレッサーパンダは出てきません)

本作「ナマケモノが見てた」を語るとき、よく言われるセリフに次のようなものがあります。

 

「あ~、あのレッサーパンダが出てくるやつね~」

 

え~っと、あなたが言うレッサーパンダは「ナマケモノが見てた」には出てきません。

あなたが言う「レッサーパンダ」が出てくる漫画はこちら⤵です。

 

本作「ナマケモノが見てた」をさらにパワーアップさせた続編、「ナマケモノがまた見てた(全8巻)」ですね。

上図コミックス表紙の、クリっとした瞳でこちらを見つめているのが噂の「レッサーパンダ」。

 

このレッサーパンダは、見た目とは裏腹に「ものすごい性格」のキャラでした(人気キャラでもありました)。

だから記憶に残っているのかもしれません。

でも、本作「ナマケモノが見てた」ではなく、続編の「ナマケモノがまた見てた」の方に出てきます。

ですので、レッサーパンダくんを見たい方は「ナマケモノがまた見てた」を試し読みしてみてくださいね。

 

…と言いたいのですが。

 

「ナマケモノがまた見てた」は電子書籍化されていません(紙版のコミックスのみ)。

そのため試し読みができず、さらに一般の書店でも手に入りにくいコミックスとなっています。

もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらの漫画全巻ドットコムで販売状況をチェックしてみてください。

「漫画全巻ドットコム」については下の記事でも紹介しています。

併せて参考にしてくださいね。

マンガ通販サイト【漫画全巻ドットコム】でお気に入りの作品をイッキ読み!
漫画は紙で読みたい! 新品のコミックスを全巻揃えたい! 中古でいいから一気読みしたい! 今は電子書籍の時代でしょ! 新刊をすぐに読みたい! いつでも好きな時に漫画を読みたい! 人それぞれ、色々な漫...

 

テキストのコピーはできません。