ちょっとニッチなマンガや二次元・三次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

【1+2=パラダイス/上村純子】双子のお色気大作戦!|名作少年エッチ漫画

名作マンガ(昭和)

今回は、上村純子先生の

「1+2=パラダイス」を紹介します。

 

少年エッチ漫画としては、

いけない!ルナ先生と並ぶ

上村先生の代表作ですね~。

 

どちらの作品を紹介しようか迷ったのですが、

青少年保護育成条例のターゲットにされる

という悲しい経緯を持つ本作を

取り上げることにしました。

 

まぁ確かにエッチなシーンは多いですけど…。

実際の性犯罪の要因を

エッチ漫画に求めるというのもどうかなぁと…。

 

だったらインターネットで

エロが溢れかえっている

今の時代はどうなるんでしょうねぇ。

 

おそらく世間への「見せしめ」として

槍玉に挙げられてしまったのでしょうが、

本作が少年エッチ漫画の名作

であることに変わりはありません。

 

今回の記事では、そんな「1+2=パラダイス」の

おすすめポイントを紹介していきます。

 

1+2=パラダイスの作品データ

【作品概要】

女性恐怖症の高校生・山本優介と、

双子の姉妹・中村結花&梨花が繰り広げる

ドタバタラブコメエッチ漫画です。

 

【作品データ】

作品名1+2=パラダイス
作者上村純子
連載誌月刊少年マガジン(講談社)
連載期間1988年(昭和63年)~1990年(平成2年)
単行本全4巻(※)
電子書籍なし(紙版のみ)

 

【(※)単行本についての補足】

本作は全5巻のコミックスで

構成される漫画です。

 

しかし、連載後期に勃発した

有害コミック騒動の煽りを受け、

講談社からは第5巻が発売されていません。

 

そのため「全4巻で完結」となっています。

 

それが1995年に松文館から「成年向け」として

再版される形となり、

幻の第5巻が陽の目をみることになりました。

  • 講談社版 … 全4巻(一般コミック)
  • 松文館版 … 全5巻(成年コミック)

 

ただし、体裁が「一般コミック ⇒ 成年コミック」

へと変更されただけで、

第4巻までの内容はどちらも同じです。

 

1+2=パラダイスのおすすめポイント①(かわいい双子のお色気大作戦)

それでは「1+2=パラダイス」の

おすすめポイントを紹介していきます。

 

本作のプロローグは、

主人公の高校生・山本優介が、

 

幼なじみの双子の姉妹

中村結花(ゆか)&梨花(りか)と

一緒に暮らすことになる場面から。

 

結花ちゃんと梨花ちゃんは、

幼いころ野良犬に襲われたところを

優介くんに助けられ、

 

それ以来ずっと

彼のことを想い続けていたのです。

 

そんな2人は優介くんに対して、

どちらかを将来のお嫁さんとして選んで欲しい!

と告げるのでした。

 

こうして優介くんをめぐる

双子姉妹のお色気大作戦がスタートします。

 

簡単に言うと、

どちらが色仕掛けで優介くんを落とせるか

ってことですね。

 

内容としては基本的に1話完結のエピソード

で描かれますが、

一部連作のエピソードもあります。

 

本作のヒロイン・結花ちゃんと梨花ちゃんは、

一卵性の双子なので見た目もそっくり。

おまけにスリーサイズも一緒です。

(上から85㎝・58㎝・87㎝)

 

ですが、2人の描き分けはきちんとされており、

まず外見で見分けがつくように

髪型を変えてあります。

(妹の梨花ちゃんは常にポニーテール)

 

下の図の左側がお姉ちゃんの結花ちゃん、

右側が妹の梨花ちゃんです。

 

さらに性格もハッキリと分かれていて、

次のようになっています。

  • 姉の結花ちゃん
    • おしとやかで献身的
    • 恥ずかしがり屋さんな女の子
  • 妹の梨花ちゃん
    • 積極的なやんちゃ娘
    • とてもオープンな性格

 

これは、2人の優介くんに対するアプローチ

にも表れていて、

だいたい次のようなパターンで

エピソードが進んで行きます。

 

【①梨花の誘惑開始】

優介くんに裸を見られたり触られたりするのに

まったく抵抗のない梨花ちゃん。

 

梨花ちゃんは、いつも結花ちゃんより先に

優介くんを誘惑します。

 

例)コミックス第2巻(プロレス デート)

それじゃあ梨花が

プロレスの相手になってあげる~。

 

その代わり梨花が勝ったらデートしてね♪

(©上村純子/1+2=パラダイス 第2巻)

【②結花も負けじと】

消極的で恥ずかしがりやな結花ちゃんは、

いつも梨花ちゃんに先を越されてしまいます。

 

しかし、

優介くんを取られたくないという想いから…。

 

例)コミックス第2巻(プロレス デート)

優介くんとデート…したい。

あ、あの…、わたしも、プロレスやりたい。

(©上村純子/1+2=パラダイス 第2巻)

【③先に仕掛ける梨花】

ほぼ毎回、

先に色仕掛けに走るのは梨花ちゃん。

積極的かつオープンに優介くんに迫ります。

 

例)コミックス第2巻(プロレス デート)

どうせ結花はプロレスなんて知らないし、

運動音痴だから。

 

先に優介くんを誘惑しちゃおっと♪

(©上村純子/1+2=パラダイス 第2巻)

【④恥ずかしがりながらも頑張る結花】

そんな梨花ちゃんの姿を見て…。

「わたしも頑張らなきゃ」と

恥ずかしさを押し殺して誘惑する結花。

 

例)コミックス第2巻(プロレス デート)

優介くんに技をかけて…。

ギブアップさせなきゃ…。


(©上村純子/1+2=パラダイス 第2巻)
※乳首は自主規制で消してます。

 

このような感じでお色気作戦が進行し、

最後は「じゃあ3人でデートしよう!」

みたいなオチで終わるパターンがほとんど。

 

ただし、ストーリーが進むにつれて

優介くんの気持ちは「結花ちゃん寄り」

に傾いていきます。

 

そして最後は…。

感動的?

なフィナーレを迎えることになりますよ。

 

1+2=パラダイスのおすすめポイント②(上村先生のエッチ描写)

さて、そんな双子のかわいいお色気シーンが

見られる本作ですが、

上村先生の描くキャラにはクセがあります。

 

特に顔の描写に特長があり、

妙な垂れ目で描かれる顔と

クリクリっとした瞳で描かれる顔の

2種類があるんです。

 

上村先生が意図して描き分けている

のかどうかは知りませんが、

 

キャラによる一種のギャップ効果があって、

セリフだけでは表せない

心理的な部分を表現しているのでしょうね。

 

例えば下の図。

これは同じページに描かれている結花ちゃん。

 

でも、上と下で全く顔の印象が違いますよね。

(©上村純子/1+2=パラダイス 第2巻)

 

ま、それが上村先生の作風と言えば

それまでなんですけど、

 

こういう「独特なタッチ(特長のある絵柄)」

というのも売れる漫画家さんとしては

必須のものなんでしょう。

 

そしてそれが読者に受け入れられるかどうか?

っていうのも重要なんでしょうね、きっと。

 

さらに上村先生の描く女性キャラの特長として、

下半身、特にお尻と下着(ショーツ)

の描き方が抜群にうまい点が挙げられます。

 

そのため本作でも、

下半身のアップがとても多く描かれています。

(下着や水着などを付けた下半身ですよ)

(©上村純子/1+2=パラダイス 第3巻)

 

ただ冒頭でも述べたように、

本作は有害図書として迫害を受けてしまいます。

 

結果、一般コミックスとしては異例の

コミックス発売中止

に追い込まれてしまった作品。

 

そのためですかね~、

漫画の内容も「第3巻まで」と「第4巻以後」で

ガラッと変わっちゃうんです。

 

その最たるものが、

第4巻から登場する咲田愛美(さきた あみ)

という新お色気キャラクター。

 

下の図の左が愛美ちゃんで、

第4巻以後は、

愛美ちゃんと梨花ちゃんの

エッチシーンがほとんどを占める

ようになります。

(©上村純子/1+2=パラダイス 第5巻)

 

結花ちゃんのエッチなシーンは

ほとんど描かれません。

 

作画もちょっと荒くなっているように

感じられました。

 

第3巻の最終話と第4巻の第1話との間には、

4ヶ月くらいの空白期間があります。

その間に何かあったのかもしれませんね。

(詳しいことは知りませんけども)

 

このように色々な規制がある中で連載を続ける

というのは大変な苦労があったと思います。

 

それに上村先生の作品は、

前作(いけない!ルナ先生)も人気作だったので

よけい大変だったでしょう。

 

それでも上村先生が

ご自身の特長を上手く活かして、

最後まで描き切ってくれたからこそ

ヒットになった作品です。

 

時代に翻弄された感のある

名作少年エッチ漫画「1+2=パラダイス」。

 

ちょっと不遇な漫画とも言えますが、

内容自体は明るいお色気ラブコメです。

 

メランコリックな気分にならずに、

かわいい双子のエッチな姿を楽しんでください。

 

 

そんな本作「1+2=パラダイス」は、

残念ながら電子書籍化されていません。

※ どのサイトでも試し読み不可。

 

一般の書店でも手に入りにくい作品なので

興味を持たれた方は、

こちらの漫画全巻ドットコムから

販売状況をチェックしてくださいね。

 

※ 投稿日現在では入手可能。

※ 在庫切れのケースもあります。

 

また、成年コミックとして復刻された

松文館版(全5巻)も、

同じく漫画全巻ドットコムで入手可能です。

 

※ 投稿日現在では入手可能。

※ 在庫切れのケースもあります。

 

 

もし漫画全巻ドットコムで品切れのときは、

ゲーム・本・DVD・トレカ・フィギュアなどの

通販サイト「駿河屋」をチェックしてください。

 

※ 中古も取り扱っているので、お安く入手可能。

※ 在庫切れのケースもあります。

 

通常版(全4巻)を駿河屋でチェック

成年版(全5巻)を駿河屋でチェック

 

 

なお、漫画全巻ドットコムについては

下の記事でも紹介しています。

あわせてご参考に。

マンガ通販サイト【漫画全巻ドットコム】でお気に入りの作品をイッキ読み!
漫画は紙で読みたい! 新品のコミックスを全巻揃えたい! 中古でいいから一気読みしたい! 今は電子書籍の時代でしょ! 新刊をすぐに読みたい! いつでも好きな時に漫画を読みたい! 人それぞれ、...

 

テキストのコピーはできません。