ちょっとニッチなマンガやアニメの情報を紹介

爆乳の空手家JKがヒロイン!おすすめの格闘エッチ漫画【つきあってよ!五月ちゃん/林崎文博】

名作マンガ(平成)

さて今回は、記憶に残る少年エッチ漫画として林崎文博先生が描く「つきあってよ!五月ちゃん」を取り上げます。

現在は青年誌を中心に活動されている林崎先生が、少年誌である「月ジャン」で連載していた作品ですね。

林崎先生の描く女性キャラは、ムッチリ肉感的な女性が多いので先生の作品のファンという方も多いのではないかと思います。

本作も林崎先生の特徴である「ムチムチでピチピチ」な女子高生が主役のエッチ漫画。

 

ただし!

ちょっと惜しい!というところもある作品でして、それも含めて「つきあってよ!五月ちゃん」のおすすめポイントを紹介していきます。

 

つきあってよ!五月ちゃんの作品データ

【作品概要】

空手少女であるヒロイン・浅香五月(あさか さつき)ちゃんを中心に描かれる格闘系エッチ漫画。

そして、全く違う漫画の2部構成になっているという珍しい作品でもあります。

 

【作品データ】

作品名つきあってよ!五月(さつき)ちゃん
作者林崎文博
連載誌月刊少年ジャンプ(集英社)
連載期間1996年(平成8年)~1997年(平成9年)
単行本全5巻
電子書籍なし(紙版のみ)

 

つきあってよ!五月ちゃんのおすすめポイント①(ムチムチ爆乳のヒロイン)

まず本作のあらすじなどを簡単に紹介しておきます。

ヒロインである浅香五月ちゃんは、子供のころ幼馴染の男の子とある約束をします。

少年が中国へと旅立ってしまうため、その前に幼い二人で約束したのでした。

(©林崎文博/つきあってよ!五月ちゃん)

 

そして10年の月日が流れ、高校生になった五月ちゃんはその少年と再会しますが…。

 

と、こんな感じで始まる本作は、ラブコメを軸にしたエッチ漫画です。

ストーリーらしいストーリーはなく、五月ちゃんとこの少年とのラブコメが展開されていきます。

でも、そこは大して重要ではありません。

大事なのは五月ちゃんのエッチシーン。

 

ただですね…。

これも時代の流れでしょうか…。

以前に当ブログで紹介したやるっきゃ騎士パラダイス学園に比べると、とてもソフトな内容となっています。

つまり、われわれ昭和のエッチ漫画で育った人間としては、「これってエッチ漫画なの?」というレベルのエッチ度の低さ。

ちょうどこの漫画が連載される数年前から「有害コミック騒動」なるものが話題になったので、その影響もあるんでしょうね。

 

当時の少年たちにとっては「おぉ~っ!」という感じだったのかもしれません。

しかし、昭和の少年エッチ漫画を見ていた人や青年誌のエッチ漫画に慣れてしまった人たちには、ちょっと物足りない内容と言っていいでしょう。

 

それでも!

あえて本作を取り上げたのは、やはり「五月ちゃんの可愛さ」を紹介したかったから。

ヒロインの五月ちゃんは、空手が強い格闘少女でありながら「爆乳」という、エッチ漫画の設定としては申し分ない女の子として描かれています。

(©林崎文博/つきあってよ!五月ちゃん)

 

そして、自身が結構な強さの空手家であるにもかかわらず「自分を守ってくれる強い男の子が好き」。

なので「五月ちゃんに勝てば、五月ちゃんとつきあえるかも!」と期待して、勝負を挑んでくる男たちが後を絶たない状況なのです。

※ 「つきあってよ!五月ちゃん」というタイトルは、どうもこの設定に由来しているようですね。

 

で、「五月ちゃん VS スケベな男たち」が戦い、結果的に「五月ちゃんが脱がされる」というお決まりのパターンが展開されるのですが…。

 

これが非常にソフト。

 

「戦う」⇒「脱がされる」⇒「やぁ~ん」⇒「終わり」なので、基本的にはただ脱がされるだけ。

それ以上の展開はありません。

 

例えば。

試合中にこんな⤵シーンが展開されれば、イヤでもこの後の「いやらしい展開」を想像しちゃいますよね。

(©林崎文博/つきあってよ!五月ちゃん)

 

少年誌なのでもちろんカラミのシーンはありませんが、あんなことされたり、こんなことされたり…と期待&股間が膨らみます。

でも結局は、脱いで(脱がされて)終わり。

それも肝心なところは隠していることが多いという徹底ぶり。

五月ちゃんがナニかをされるというシーンはありません。

とてもソフトなお色気描写エッチなシーンも少なめに抑えられてしまっているんです。

 

「すげ~もったいないな~」と思いませんか?

 

林崎先生の描く五月ちゃんは、「ムチムチ」かつ「爆乳」でエロいですし、キャラ絵としても可愛いです。

プラス、キャラの設定も素晴らしいのですから、もう少し上手く話を展開すればもっとエロくなるのにな~と思わずにはいられません。

 

それでも、本作なりの工夫はされていて、全編つうじて五月ちゃんの裸体は「見開きページ」を使って「ドーン!」と描かれることが多いのです。(見開きとまではいかなくても、大ゴマで描かれるお色気シーンもあります)

エッチなシーンや刺激的なシーンが少ないのを補うためだと思われますが、これはこれで本作の大きな魅力のひとつと言ってイイでしょう。

ですから本作の楽しみ方としては、「林崎先生の描くムチムチな五月ちゃんを愛でる」以外にありません。

しかしそれは、林崎先生がわれわれに「妄想する楽しみ」を与えてくれていると解釈しましょう。

本作を読んで、「五月ちゃんを愛でる」⇒「妄想する」⇒「後は…」というのも、エッチ漫画の楽しみ方のひとつですからね。

 

つきあってよ!五月ちゃんのおすすめポイント②(もう一人の五月ちゃん)

本作「つきあってよ!五月ちゃん」は、全5巻のコミックスで構成されていますが、実は上の五月ちゃん(浅香五月)が出てくるストーリーは3巻で完結しちゃいます。

そして4巻からは、全く別の五月ちゃんである「庭野五月(にわの さつき⤵)」がヒロインとなって登場。

(©林崎文博/つきあってよ!五月ちゃん)

 

こちらの五月ちゃんは高校の先生という設定。

4巻からはこの五月先生がヒロインとなります。

ちなみに、「空手少女の五月ちゃん」と「先生の五月ちゃん」は全くの別人です。

空手少女の五月ちゃんが、高校の先生になったわけではありません。

 

つまり、全く別の漫画が同じタイトルで描かれて、同じコミックスとして発売されているという、とても珍しい作品となっているんですね。

4巻以降の五月先生のお話は、ラブコメというよりも純愛ラブストーリーに近い内容。

さらにエッチなシーンもよりソフトに抑えられていて、女性の下着姿や水着姿は多く描かれていますが、女性の裸体はほとんど描かれていません。

 

これもすげ~もったいないです。

 

4巻以後の五月先生もメッチャ可愛らしい女性なので、エッチなシーンがないのは本当に残念…。

ま、珍しい構成の漫画なので、読む人によっては1つのコミックスで2度美味しいと言えるかもしれませんけど。

我々にとって本当に美味しいのは、五月ちゃんのエッチなシーンですもんね。

だからもっと前にこの漫画が描かれていれば、きっと少年エッチ漫画史に残る名作となっていたでしょう。

それだけに、描かれた時代が惜しまれます。

 

 

さて、そんな本作「つきあってよ!五月ちゃん」は、残念ながら電子書籍化されていません。

さらに一般の書店でも手に入りにくいコミックスとなっています。

もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、こちらの漫画全巻ドットコムで販売状況をチェックしてみてください。

※ 投稿日現在では中古で入手可能です。(在庫切れのケースもあります)

 

漫画全巻ドットコムについてはこちらの記事でも紹介していますので、併せて参考にしてくださいね。

 

テキストのコピーはできません。