ちょっとニッチなマンガやアニメの情報を紹介

【ルパン三世 風魔一族の陰謀】3人目のルパンが登場する幻の名作アニメ!

名作アニメ

わたしは子供の頃から「ルパン三世」の大ファンでして、この作品を初めて見たのは高校生の頃。

OVA(オリジナルビデオアニメーション)としてレンタルビデオ屋さんで借りて見たのですが、元々は劇場版として制作された作品です。

 

それが、今回紹介する「ルパン三世 風魔一族の陰謀」

 

本作の内容は、お宝とヒロインを巡って展開される「至ってオーソドックス」なルパン作品。

しかし!

このアニメには、過去そして現在のルパン三世と全く異なる特長があるのです!

ルパン作品の中ではマイナーな部類に入る本作ですが、他のルパン三世とは全く違った特長により、わたしの中で名作となりました。

 

今回の記事では、その「全く異なる特長」をおすすめポイントとして紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

ルパン三世 風魔一族の陰謀の作品データ

【作品概要】

莫大な財宝とさらわれた少女を巡ってルパン一味が大活躍。

風魔一族なる忍者集団を向こうに回して、一大お宝争奪戦が展開されます。

内容としてはオーソドックスなルパン三世ですね。

 

【作品データ】

作品名ルパン三世 風魔一族の陰謀
メディアOVA・劇場版
原作者モンキー・パンチ
製作東宝、東京ムービー新社
上映時間73分
公開1987年(昭和62年)

 

ルパン三世 風魔一族の陰謀のストーリー&登場人物

それではまず、「ルパン三世 風魔一族の陰謀」のあらすじと主な登場人物を紹介します。

本作のオープニングは、なんと五ェ門が結婚式を挙げるシーンから。

お相手は、墨縄 紫(すみなわ むらさき/下の図)という少女(本作のヒロイン)です。

(出典:ルパン三世NETWORK)

 

五ェ門がたまたま飛騨を訪れた際に女子高校生だった紫と出会い、心を通わせていった末の純愛ですね。

これを機に、五ェ門は泥棒稼業から足を洗い、普通の婿養子として生活しようと心に誓いました。

そんな結婚式当日、古くから墨縄家に伝わる宝の壺を奪おうと風魔一族が乱入してきます。

結婚式に参列していたルパンたちは、何とか壺の強奪は阻止したものの花嫁である紫が連れ去られてしまいました。

こうして花嫁奪還と宝の壺を巡るルパン一味と風魔一族の闘いが始まります…。

その他の主要な登場人物は、いつものとおりルパン、次元、不二子そして銭形。

 

という感じでストーリーが続いていくわけですが、ぶっちゃけて言うとですね。

本作は「ルパン三世 カリオストロの城(映画)」のリスペクト作品です。

  • お宝を狙うルパンと敵
  • さらわれたヒロイン
  • 別行動の不二子
  • 訳アリの銭形
  • カーチェイスなどのアクションシーン
  • そして最後は… など

相似点がとても多い内容となっています。

本作が「五ェ門」にスポットライトを当てている部分を除けば、そのままカリオストロの城の縮小版と言ってもイイでしょう。

 

ただ逆に言うと、オーソドックスな内容であるがゆえの安定した面白さはあります。

ですから、奇をてらっていない分「安心して楽しめるルパン三世」と言えるでしょうね。

 

ルパン三世 風魔一族の陰謀のおすすめポイント

続いては、冒頭でおすすめポイントとして挙げた本作ならではの特長を紹介します。

このアニメには、過去・現在のルパン作品とはまったく違う特長があると書きました。

 

それは、キャラクターを演じている「声優」

 

アニメ版ルパン三世の声優は、現在は「栗田貫一さん」が担当し、その前は「山田康雄さん(故人)」が担当していました。

つまり、ルパン三世の初代声優が「山田康雄さん」で、二代目が「栗田貫一さん」ですね。

山田さんによって確立されたルパンのキャラクターは、しっかりと栗田さんに受け継がれていますよね~。

 

©ルパン三世NETWORK
©ルパン三世NETWORK

ふ~じこちゃ~ん♪

 

一般的には、このおふた方がルパンの声優として認識されています。

…が。

実は、山田さんの存命中にもうひとり、別の方がルパン三世を演じていたんです。

山田さんでもない、栗田さんでもない、第3のルパン三世。

その「3人目のルパン」が登場するのが、本作「ルパン三世 風魔一族の陰謀」なんですね~!

 

当時、このルパン三世の声優交代劇が世間でどのように扱われていたのかは覚えていないのですが、「ルパンの声が変わる!」というのは、高校生だったわたしの耳にも入ってきていました。

ですから、ルパンファンとしては見逃すわけにはいかない作品だったのです。

ちなみに、ルパンだけでなく次元・五ェ門・不二子・銭形の主要キャスト全員の声優が変更されています。

 

本作までのルパン三世の声優は、このような布陣になっていました。

【本作までのルパン三世の声優陣】

  1. ルパン三世
    • 山田 康雄
  2. 次元 大介
    • 小林 清志
  3. 石川 五ェ門
    • 井上 真樹夫(初代は、大塚周夫)
  4. 峰 不二子
    • 増山 江威子(初代は、二階堂有希子)
  5. 銭形警部
    • 納谷 悟朗

 

初代の五ェ門と不二子は、TVアニメの第1シリーズのみですので、やっぱりこの5人が「ルパン」って感じですよね~。

 

それが、本作では次のように変更されています。

【本作・風魔一族でのルパン三世の声優陣】

  1. ルパン三世
    • 古川 登志夫
  2. 次元 大介
    • 銀河 万丈
  3. 石川 五ェ門
    • 塩沢 兼人
  4. 峰 不二子
    • 小山 茉美
  5. 銭形警部
    • 加藤 精三

 

ルパンの声、古川さんですよ。

あの「古川登志夫」さん。

わたしらの世代だと、うる星やつらの諸星あたるが直ぐに思い浮かびますね~。

他ではドラゴンボールのピッコロ、ONE PIECEのエースなんかが古川さんの声。

他のキャストも有名な方ばかりですが、一人ひとり解説すると長くなるので省略します。

 

この「声優陣の総入れ替え」が本作最大の特長で、しかも上記の5名がルパン三世の声優を務めたのは「本作だけ」なのです。(次作からは、以前のキャストに戻っています)

 

ですから、ある意味「幻の名作」と言っても過言ではないかもしれません。

 

本作のDVDパッケージの裏面にも大きく書いてありますね、「キャスト一新」と。

(Amazon.com)

 

発売(公開)当初は、色々なところで賛否両論(というより、ほぼ批判だったそうです)あったようですが…。

わたし自身は、こんな風に思っていました。

 

わたし
わたし

イヤ、別に「悪くない」よね…。

こんなルパンもありでしょ。

 

さらに原作者・製作社・声優陣など様々ないざこざもあったらしいです。

でもわたしは当時高校生だったので世間の評価なんて知りませんし、興味もありませんでした。

今みたいにインターネットが無かった時代ですから、情報だって手に入りませんしね。

 

前述したとおり、作品自体は「これぞルパン」というオーソドックスな内容。

声優陣もぜんぜん違和感ありませんでしたね、わたしは。

古川さんのルパンも「古川色」が出ていて良かったですし、塩沢兼人さんの五ェ門は「ハマリ役」じゃないかと思えました。

 

貴重な「3人目のルパン」が登場する本作「ルパン三世 風魔一族の陰謀」。

正直、これだけでも見る価値がある作品と言えます。

ルパン三世のファンの方もそうでない方も、古川さんたちが演じる「幻のルパン三世」をご覧になってみてはいかがでしょうか?

どんな作品に仕上がっているかは、ご自身で確かめてくださいね♪

 

なお「ルパン三世 風魔一族の陰謀」は、わたしが調べた限り動画配信サービスなどでは取り扱っていません。(投稿日現在)

なので、レンタルでご覧いただくか下のAmazonでDVDを入手してご覧になってください。

 

AmazonのDVDを見に行く

 

また、記事中で紹介した「ルパン三世 カリオストロの城(映画)」は、Amazonのプライムビデオで視聴することができます。

ちなみにこの映画の監督は「宮崎駿」さん。(宮崎駿さんの初監督作品です)

興味のある方は、下のAmazonプライムビデオを覗いてみてくださいね。

 

Amazonプライムビデオを見に行く

 

テキストのコピーはできません。