ちょっとニッチなマンガや二次元・三次元作品
男性におすすめのアイテムなどを紹介します!

【パラダイス学園/川原正敏】有名漫画家さんのデビュー作は少年エッチ漫画だった!

名作マンガ(昭和)

こんにちは。

今回は、昭和の名作エッチ漫画

「パラダイス学園」を紹介します。

 

修羅の門・修羅の刻・海皇紀などで有名な

川原正敏先生を世に送り出した

記念すべきデビュー作品が、

この「パラダイス学園」。

 

その川原先生が描いた本作の特長は、

甘酸っぱい「お色気」。

 

主人公とヒロインのドタバタ劇が繰り広げられる

学園ラブコメでありながら、

読者の100%は「ヒロインのエッチなシーン」

が見たいがために読んでいました。

 

今回の記事では、本作のおすすめポイントとして

「お色気シーン」と「ヒロインの可愛さ」

を中心に紹介します。

 

有名漫画家さんの意外なデビュー作を、

ぜひご堪能ください。

 

パラダイス学園の作品データ

【作品概要】

え~概要というかストーリーというかは、

あって無いようなものなのですが…。

 

一応、学園もののドタバタラブコメ漫画です。

 

【作品データ】

作品名パラダイス学園
作者川原正敏
連載誌月刊少年マガジン(講談社)
連載期間1985年(昭和60年)~1986年(昭和61年)
単行本全3巻
電子書籍なし(紙版のみ)

 

パラダイス学園のおすすめポイント(エッチなシーンとヒロインの可愛さ)

冒頭でも述べたように、作者の川原正敏先生は、

格闘漫画の金字塔である「修羅の門」や

大海洋冒険漫画である「海皇紀」のような

シリアス系・ロマン系の漫画家として有名です。

 

…が。

先生のデビュー作は、あくまでも

お色気はちゃめちゃラブコメディーの本作

「パラダイス学園」。

 

おそらく、川原先生にとっては

黒い歴史として

葬り去りたい作品かもしれません。

 

でもこうやって

「名作」

として取り上げる人間もいるんですから、

捨てたもんじゃないでしょ?

 

 

それでは早速、

本作のおすすめポイントを紹介します。

まずは簡単にストーリーを。

(一応ストーリーもあるんです)

 

聖パラダイス学園に通う中学生

「宮崎ちひろ」は、

ひょんなことから同級生の

「司馬新作」に

女の子の「大事なところ」を

見られてしまいます。

 

見られてしまった以上は

自分をお嫁さんにしてもらわないと困る。

ということで、2人を中心にした

ドタバタ劇が毎回繰り広げられ、

最終的に2人は結婚するというストーリーです。

 

ヒロインのちひろちゃん⤵は、

なんとなく「めぞん一刻」の響子さん

を連想させるカワイイ女の子。

(©川原正敏/パラダイス学園)

 

このちひろちゃんが、毎回脱がされて

可愛らしい裸体を晒しちゃうわけですが。

彼女の魅力は何と言っても

その「性格」と「泣き顔」にあります。

 

ちひろちゃんの性格は、一言でいうと「清純」。

そんな清純で可愛い女の子が

毎回さまざまなトラブルにみまわれ、

薄汚い野郎どもにひん剥かれちゃうんです…。

 

で、ギリギリのところで新作(主人公)

に助けられるというパターンですね。

 

ちひろちゃん以外の脇キャラも

脱ぐには脱ぐんですけど、

やっぱりこの漫画最大のみどころは

ヒロインのエッチなシーン。

 

新作以外の男に裸を見られるのを極端に嫌がり、

泣きじゃくって恥ずかしがる

ちひろちゃんの姿は、

この漫画最大のおすすめポイントです。

 

毎回脱がされるたびに、

本気で嫌がり恥ずかしがる姿が

メッチャ可愛いんですよね~。

(©川原正敏/パラダイス学園)

 

正直、川原先生の描く裸体には、

さほどエロスは感じません。

ただ、ちひろちゃんが

嫌がり恥じらい泣きじゃくるその姿は、

まぎれもないエロス!

 

もう真正のS男にはたまらんとです!!

 

さらにちひろちゃんの口癖が、

「いやぁ」・「ゆるして」・「おねがい」

なので、余計にS男ごころが刺激されます。

(©川原正敏/パラダイス学園)

 

とにかくちひろちゃんの

可愛さ・可憐さ・純情さがあってこその作品。

ですから、もしお読みになる機会があれば、

その辺りは十分堪能していただきたいですね。

 

ちなみに全3巻と短いマンガなので

サクッと読めて最後はハッピーエンド。

 

ちひろちゃんを創り出したのは

川原先生ご本人ですから、

川原先生じゃなければこの漫画は

「名作エッチ漫画」

にはなり得なかったでしょう。

 

だから自慢しても良いと思いますよ♪

 

ただし、チュエーションとして、

ちひろちゃんが「無理やり」

ひん剥かれることがほとんど。

なので、いちゃラブエッチシーンが好きな人

には向かないかもしれませんね。

 

惜しむらくは、

川原先生の描く「ちょっと淡泊な裸体」。

ですが…。

そこはちひろちゃんの

「濃厚な恥ずかしがり方(嫌がり方)」

との対比により、丁度いい具合に

仕上がっていると言えるでしょう。

 

古き良き昭和時代のエッチ漫画の名作です。

興味のある方はぜひ手に取ってご一読ください。

(©川原正敏/パラダイス学園)

 

 

なお本作「パラダイス学園」は、

残念ながら電子書籍化されていません。

 

そのため、どのサイトでも

試し読みをすることができません。

 

一般の書店でも手に入りにくいコミックス

となっていますので、

 

興味を持たれた方は「漫画全巻ドットコム」

で販売状況をチェックしてください。

※ 投稿日現在では入手可能。

※ 在庫切れのケースもあります。

 

漫画全巻ドットコムを見に行く

 

 

もし漫画全巻ドットコムで品切れのときは、

ゲーム・本・DVD・トレカ・フィギュアなどの

通販サイト「駿河屋」も覗いてくださいね。

 

※ 中古も取り扱っているので、お安く入手可能。

※ 在庫切れのケースもあります。

 

駿河屋を見に行く

 

 

「漫画全巻ドットコム」については、

下の記事でも紹介しています。

あわせてご参考に。

マンガ通販サイト【漫画全巻ドットコム】でお気に入りの作品をイッキ読み!
漫画は紙で読みたい! 新品のコミックスを全巻揃えたい! 中古でいいから一気読みしたい! 今は電子書籍の時代でしょ! 新刊をすぐに読みたい! いつでも好きな時に漫画を読みたい! 人それぞれ、...

 

テキストのコピーはできません。